【憲法】平和主義と自衛隊についてスレッド形式で分かりやすく解説&討論!

↑の記事をもとに作っています。

  • 平和主義とは?
  • 戦争の放棄とは?
  • 自衛権について

以上について討論します。

スポンサーリンク

平和主義って?

※転記じゃないです(一人)

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

日本国憲法第9条1項

1:Anonymous :hh:mm:00.00 ID:agree
日本国憲法の基本原則が「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」とか常識


2:Anonymous :hh:mm:00.00 ID:disagree
>>1
9条(平和主義)
■戦争をしない
■武力を持たない
■交戦権を否定
こんな国ありえん


3:Anonymous :hh:mm:00.00 ID:agree
>>2
戦争の放棄といって先の大戦の教訓が生かされたもの
1項で国際的な争いを解決するために戦争したり、軍事力を交渉に使わないことを世界に向けて宣言している
未来志向でいいと思うけど


4:Anonymous :hh:mm:00.00 ID:disagree
>>3
とはいえ独立国である以上、主権国家としての固有の自衛権を否定しているわけじゃない。
つまり自衛戦争はOKってことだな
全ての戦争を放棄しているわけじゃない

  • 平和主義は日本国憲法の基本原則
  • 具体的には戦争をしない、武力を持たない、交戦権を否定
  • 戦争の放棄とも呼ばれる
  • 主権国家としての固有の自衛権までは放棄していない(政府見解)
スポンサーリンク

自衛隊と9条

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

日本国憲法第9条1項

1:Anonymous :hh:mm:00.00 ID:agree
自衛隊はどう考えても違憲
2項で一切の戦力を放棄している
長沼事件の第1審では違憲判決も出た
最高裁が統治行為論で、政治的なことだから判断しませんとか逃げてるだけ


2:Anonymous :hh:mm:00.00 ID:disagree
>>1
統治行為論は合理的
自衛隊が日本に存在して、必要とされているのだから当然の判断
違憲だから解体しますとか現実的じゃない


3:Anonymous :hh:mm:00.00 ID:agree
>>2
現実的ではあるけどそれで逃げ続けてどうするの?
警察予備隊違憲訴訟ではそもそも抽象的違憲審査制を否定して判断すらしてない


4:Anonymous :hh:mm:00.00 ID:disagree
>>3
抽象的違憲審査制は裁判所が憲法が違憲かどうかだけを判断する裁判ができるというもの
日本は専門の憲法裁判所もおいていない付随的違憲審査制
普通の裁判の中で憲法が問題になった時だけ判断をするよ
だからそれも妥当

【憲法】抽象的違憲審査制と付随的違憲審査制とは?違憲審査制についてわかりやすく解説!

  • 統治行為論によって明確な違憲判決は最高裁からはでてない
  • 日本は付随的違憲審査制といって憲法を専門に扱う裁判所がない(事件に応じて対応する)

自衛のための必要最小限度の防衛力

1:Anonymous :hh:mm:00.00 ID:agree
自衛隊を維持するとして持てる防衛力をどうやって決めるの?


2:Anonymous :hh:mm:00.00 ID:disagree
>>1
政府見解は自衛のための必要最小限度の防衛力としているよ
あくまで防衛のため「専守防衛」ともいうけど敵地攻撃能力なんかはNG
だから大陸間弾道ミサイル(ICBM)なんかは配備されていない
2項の意図する戦力にならなければいい


3:Anonymous :hh:mm:00.00 ID:agree
>>2
自衛のための軍備と侵略のための軍備って何が違うの?
どっちも同じ戦力だと思う、、、
殺傷能力があるかないかとかならわかるけど


4:Anonymous :hh:mm:00.00 ID:disagree
>>3
その辺は国民が選んだ国会議員が議論して決めること
国会が9条に違反する戦力でないというならOKなんだよ

  • 日本は専守防衛
  • 政府見解は自衛のための必要最小限度の防衛力を保持としている

9条と自衛権の行使

1:Anonymous :hh:mm:00.00 ID:agree
9条の放棄した戦争と許容される自衛戦争って何が違うの?


2:Anonymous :hh:mm:00.00 ID:disagree
>>1
政府見解としては、外国の武力によって国民の生命財産などの権利を侵害される緊急性があり、不正の事態にならOK
国民の権利を守るためのやむを得ない措置として許容される
もちろん必要最小限度の「武力の行使」でね


3:Anonymous :hh:mm:00.00 ID:agree
>>2
2014年の閣議決定では集団的自衛権、つまり同盟国が攻撃を受けた場合に助ける形での「武力の行使」もOKになってるのは問題では?


4:Anonymous :hh:mm:00.00 ID:disagree
>>3
集団的自衛権に関しても同様だよ
同盟国が受けた攻撃が、日本国民にとってどのような影響があるか検討して上での自衛行為
なんでもOKなわけじゃない


5:Anonymous :hh:mm:00.00 ID:agree
なんかふわっとしているなあ
結局国民が選んだ国会議員がその時々で判断するという政治的なことってことかなのかな?

  • あくまでやむを得ない場合に必要最小限度ならOK
  • とはいえ厳格に決められるものでもない

おわり

平和主義と自衛隊についてでした。

 

クレアールという通信系の予備校が無料で公務員ハンドブックを発行しているので、時間のある方は確認しておきましょう。
筆記試験から面接まで事細かに説明があります。

自由にコメント