Hello! Gorila.

【英語】英語は位置が大切?5文型をわかりやすく解説!

この記事は約5分で読めます。

英文法でまず学ぶことと言えば「文型」です。

中学校で学びますが、覚えていませんよね。
正直、こんなの覚えなくても英語できる人はたくさんいます。

今回はそんな使い勝手の悪い文型をわかりやすく解説します。

第1文型(SV)
第2文型(SVC)
第3文型(SVO)
第4文型(SVOO)
第5文型(SVOC)
英語は位置が大切!

スポンサーリンク

文型を学ぶ意味はあるのか?

ちなみに日本語の文型はしってる?

日本人であれば、日本語の文型を知っていて当たり前。

主語と述語があって、補語が、、、、

ごめんなさい。まったくわかりません笑

でも英語の文型はなんとなく知っていますよね。

第1文型(SV)
第2文型(SVC)
第3文型(SVO)
第4文型(SVOO)
第5文型(SVOC)
こんな感じです。

私たち日本人は、日本語の文型がなにかも知らずに、なんとなく英語の文型だけを覚えているのです。

なので上手く対比して理解できないんですよね。

文型を学ぶことが英語学習の早道?

文型を学ぶことが英語学習の早道!

5文型は日本人が一番馴染みやすい分類方法!」

という風に昔の偉い人が考えた結果が、今の5文型学習なんです。(日本独自の学習法らしいです)

よくアニメで英語学んだとか、ドラマでとか、新聞でとかありますよね。

言語なんてそういうものです。
5文型が早道というわけでもないです。

ごり丸
ごり丸

じゃあなんで覚えないといけないの?

ごり子
ごり子

英語と日本語まったく違う言語だからだよ。

英語は語順、つまり位置で意味を成しているからね。(先に結論が来る)
日本語の「てにをは」とは全く違う!
5文型を知ることが潤滑油になるらしいよ?(知らないけど)

英語は位置が大切

日本語で「太郎は花子が好きです」と言うときに

「好きです太郎は花子が」

「花子が好きです太郎は」

という風に順番を変えても意味は通ります(ちょっと無理があるけど)

これが英語になると

「Taro likes Hanako」太郎は花子が好き
「Like Taro ,Hanako」太郎を好きになって、花子
「Hanako likes Taro」花子は太郎が好き

まったく違う意味になっていますよね。

英語は位置で意味が決まるのです。

覚えないとだめ?

しかし、ここで疑問なのが、このややこしい分類方法(5文型)をイントロに導入することにメリットがあるのか?ですよね。(ほぼ言語学だし)

たぶんないと思います笑(自動詞とか他動詞もわかりにくいし)

なんとなく形を覚えるぐらいでいいんです。こんなものは。

5つの文型とは?

基礎知識を学ぶ

とりあえず最低限知るべきことですが

S=主語「~が、~は」

私とか、あなたとか、富士山とか、そういった主となる要素です。

V=動詞「~する、~である」

主語の動きです。

C=補語

形容詞とかです。
主語の状態とかですね。

O=目的語「~に、~を」

私は素晴らしい記事をお金のために書く。

お金の部分です。

M=修飾語 

その他です。
文の要素としては弾かれます。
前置詞の後は無視していいともおそわりますよね。

本来無視されるところですが、実際は割と重要です。

I live in Tokyo.

文型上はSV(M)になるため、私は住んでいるで意味が通るはずです。

でも通りません。(SVだけで会話は不可能)

そういうものです。

また、このMは語順がある程度自由にできるのも特徴です。

第1文型(SV)

だれが(何かが)+何かをする+(どこで+どのように+いつ頃+なぜなら….)

I live (in Tokyo).

主語と動詞で完結した分です。

その後に補足情報が入ります。

I lived in Tokyo 5 years ago .

こんな風にどんどん継ぎ足せます。

第2文型(SVC)

だれが(何かが) = 状態や名称+(誰にとって+どんな+どこで+いつ頃+なぜなら….)

S=Cの状態と習いますよね。

Taro looks happy.(太郎は幸せそうだ)

It’s easy for me to speak English.(英語を話すことは簡単だ)

第3文型(SVO)

だれが(何かが)+何かをする+誰に/何を+(どこで+どのように+いつ頃+なぜなら….)

誰がOをVする、OにVするなど、動詞によって分の意味が左右されます。

He played tennis in the park yesterday.(彼は公園で昨日テニスをした)

Taro likes Hanako. (太郎は花子が好きです)

ちなみに目的語を取る動詞を「他動詞」といいます。(SVOの場合は基本的に他動詞)
それ以外は「自動詞」といいます。(SVやSVCは基本的に自動詞)

第4文型(SVOO)

だれが(何かが)+何かをする+誰に+何を+(どのように+どこで+いつ頃+なぜなら….)

SはO1にO2を何かをする、というものです。

このパターン3つのものが出てきます。

主語と相手と何か、これが組み合わさります。

Taro gives Hanako a box of chocolate.(太郎は花子にチョコをあげる)

第5文型(SVOC)

だれが(何かが)+何かをする+誰に/何を = 状態+(どこで+どのように+いつ頃+なぜなら….)

O=Cが成り立ちます。

Taro made Hanako happy(太郎は花子を幸せにした)

おわりに

5文型というのは、簡単に言えば、絶対に変えてはいけない語順があるってだけです。

語順を意識することが大事なんですね。

教養
スポンサーリンク
Study Gorilla

コメント