おすすめ動画配信サイト7選!

1歳半検診とは?男だけど行ってみた!【体験談】

最近、娘の1歳半検診がありました。
いろいろあって私が娘をつれていくことに。

今時、男でも普通だよ!とみなさん思っていただけるかもしれませんが、40組ほどの親子中、男は私一人。
ほぼ不審者みたいな感じでした(笑)


あまりない経験なので備忘録として残します。

スポンサーリンク

そもそも1歳半検診とは?

正式には「一歳六か月児健康検査」という名称みたいです。

いわゆる定期検診

母子保健法で、市町村は幼児の定期検診を義務づけられています。
満1歳6か月を超え満2歳に達しない子供すべてが対象で、料金は無料です!


最寄り保健センターなどで行うみたいです。

なぜ必要?

目的は大きく分けて2つ!

  • 発達状況を把握し、先天性疾患や精神発達の進度などの問題を早期発見
  • 子育てのサポート(虫歯対策や食事のアドバイス、子育て指導など)

親としてはだれしもが初心者です。
助かりますね。

必要な物

紙に書いてあると思います。

以下こんな感じ。

必須な物

  • 母子手帳
  • 問診表(もちろん記入して)
  • おむつ(袋もね)
  • おしりふきシート(私は忘れて大変な目に)
  • 水分(これも結構重要。私は忘れた)
  • おもちゃ

場合によるもの

  • 保険証
  • 医療費免除の紙(地域によって違う)
  • 歯ブラシ(歯科検診がある)
  • 筆記用具
  • タオル

実際に行ってみたら大変だった

時間指定されていたのに

2020年8月現在は、コロナウィルス蔓延でどこもかしこも密よけで大変な状況です。

そのため、市からは日にち時間指定までされていました。


ただ、まったく意味がなかったです(笑)


まず受付開始時間ピッタリにいったのに、めちゃくちゃ並んでました。
この時点で密では?と思いましたがいったんスル―


受付を済ませると待機場所へ。
気持ち程度に離された椅子に座ります。

ぞくぞくとお母さんたちが子供連れてやってきます。
たぶん20、30組ぐらい?
途中で椅子が足りなくなっていました。

思ったより密です(笑)

職員も大変

対応してくれる職員の方はみなさん女性でした。
めちゃくちゃ大変そうです。


たぶん子育てもしたことないおじさん上司にいろいろ無理させられているんだろうなと想像してしまいました(笑)


お医者さんは歯科医も内科医男性でした。(一人は遅刻してきた)
まぁコロナですから、忙しいですよね。

とにかく暑くて長い

とりあえず1つの広めの部屋に集められる子供と母親たちと私。


この部屋とにかく暑かったです。


密対策で窓が開いていましたが、さすがに真夏日に窓だけだと無理でしょ。
エアコンはついていたかもしれませんが、めちゃくちゃ暑かったです。


そして暑さに加え、待ち時間の長さ。
ほぼ修行です。


泣きわめく赤ちゃんたち。
汗をかきながら対応するお母さん方。
抱っこしてないと泣く私の娘。


ここ数年でダントツで居心地が悪かったです(笑)

おしりふきシートを忘れた

正直待ち時間があると思っていなかったので、大した準備もせず来てしまいました。


娘が大便。


トイレットペーパーで代用しました。
袋もなかったので、職員さんのコロナ対策の手袋を貰ってそれに入れました。


備えなしは憂いありですね。

検診はあっという間

長時間の苦行に耐え、やっと回ってきた検診。
一瞬でした(笑)


え、これだけ?
思わず言いそうになりましたが、そこは大人。
いってはいけないですよね。


検診は1分ぐらいで終わりました。


残すは保険相談だけです。

保険相談が鬼門か?

保険相談というのは、街の保健士さん?かわかりませんが、そういったプロの人が相談や子供の発育を見てくれます。


積み木をやってみたり、絵を見せて言語の発達などをみたりします。(1個くらい意味のある言葉が言えれば大丈夫らしい)
ここで引っかかると要観察。(うちの子も結構あやしい)

発達障害や自閉症などの可能性があるというわけです。
親からしたらすごく不安なことです。


そういった障害が悪いというよりも、普通の親にはそこまでの余裕がないのが現実。
金と時間があればおそるるに足らずですが、私はないので恐れます。

娘眠る

長い待ち時間。
娘には耐えきれなかったようです。


保険相談を前に熟睡。
保健士さんも今回は相談だけと。


またなにかあったら相談してで終わりました。
結構そっけない。

男性目線でみた検診

コミュ力必須

とにかく母親しかいません。
職員も女性です。


コミュ障にとっては非常に難度が高い。
そんななかで長時間過ごすのですから、コミュ力必須です。
ないと苦行です。(めちゃくちゃつらかった、、)

男は伝令

基本的に男は信用されていません。(これも私たちの親世代のせいか!)


質問の二人称はお母さんです。
「お母さんから何か質問はあずかってませんか?」「お母さんにこういう風に伝えてください」「お母さんはなにか困ってませんか?」

男の意見など無用の長物。
良くて伝令、悪いと子供のお使い扱い。

母親は大変だとしみじみ思う

こういう場に行くとしみじみ母親って大変だなって思います。


男はなんだかんだ言って逃げられますからね。
仕事って言っておけば何とかなっちゃいますから。


妊婦の方もいましたが、妊婦だからいけないは通じないのが日本文化の悪いところですよね。

おわりに

検診に来ない男も悪いですが、私みたいにしっかり対応できない男も悪いですよね。


こういう姿をみて、やっぱり男じゃダメだってイメージができてしまいます。
頑張らないといけないですね。

Note 育児
スポンサーリンク
Study Gorilla

コメント