【少子化対策】育休ってどんな制度?男性もとれるの?わかりやすく解説!

この記事は約2分で読めます。

今年に生まれた赤ちゃんの数が明治32(1899)年の統計開始から初めて90万人割れし、過去最少となるのが確実になったことが6日、厚生労働省への取材で分かった。

出典元:産経新聞(外部リンク)

育休とったことありますか?

実は私は男性ですが取ったことがあります。
たぶん少数派だと思います笑
とっても良い制度なんですけどね。

もっとたくさんの人にとってほしいという思いも込めて、育児休業制度を解説します。

スポンサーリンク

そもそも育休(育児休業)ってなに?

qgadrianによるPixabayからの画像

育休は子供が1歳になるまでもらえる給付金

基本的には産後休業~子どもが1歳になる誕生日の前日までが給付期間です。

男性も同じく1歳までとなります。

何日取るかは決まっていない

特に何日でもいいようです。

自分の生活に合わせて取得でき、日数に応じて給付されます。

延長はできないの?

保育園に入れない場合など、やむを得ない事情がある時には、最長で2歳になるまで延長が可能です。 (1回の延長で1年半、再延長で2年です)

保育園に申請して落ちた場合などです。

パパママ育休プラス

母親父親両方が育休を取得した場合、2ヶ月延長することができます。

ただし、2人ともが1年2か月ではなく、1年ずつ持っている権利を相手に2か月分渡せるということです。

母14か月と父10か月のような形にできます。

細かく取れないの?

1か月とって働いて、また1か月とるようなことはできません。

原則一回です。

いくらもらえるの?

半年間

休業開始時賃金日額(半年間の平均)×支給日数(通常30日)×67%

交通費や残業代込みで、社会保険料などが引かれる前の額面給料で計算されます。

上限と下限があります。
上限は月収449,700円、下限は月収74,400円

半年~1歳まで

休業開始時賃金日額(半年間の平均)×支給日数(通常30日)×50%

いつもらえるの?

職種よりますが、一般企業であれば2か月に一回まとめて振り込まれます。

もらうための条件は?

雇用保険に加入していること。

育児休業開始日以前の2年間に、11日以上働いた月が12ヵ月以上あることが条件です。

転職して失業給付を受けているとリセット

一度失業給付を受けてしまうと、期間がリセットされます。

税金は?

社会保険料などは免除されます。

しかし住民税は前年度で計算されますので、自分で支払う必要があります。

申請方法は?

企業に勤めている場合は労務課に相談しましょう。

Note
スポンサーリンク
Study Gorilla

コメント