【投資入門】株をはじめたい!まずは指標を覚えよう!

この記事は約4分で読めます。

最近株式投資が流行っていますよね。

Lineから簡単に株が買えたりと、非常に身近な存在になってきました。

気軽にできるようになった株ですが、やはりある程度の知識を持ってはじめてほしいです。

私の経験談ですが、昔、何もわからずにはじめて、いきなり60万の含み損になったことがあるので間違いないです。

ごりら
ごりら

センスがないだけじゃ

人によると思いますが、やはり最低限の知識はあることに越したことはないです。

今回はその最低限だと思う、株の有名指標についてご紹介します。

スポンサーリンク

日本株の有名指標

日本株の代表指標といえば、日経平均TOPIXですよね。

日経が下がる=景気が悪い、このようなイメージを持たれる方も多いかと思います。

日経平均株価とは?

東京証券取引所(東証)の1部(2部もある)に上場している株の中から、各業界の代表的な225銘柄を選び、それを特別な計算方法で算出されるものです。

ややこしいですよね。

まぁ深いことは気にせずに、上がった下がっただけ見ていればいいと思います。

1年単位で上がっていれば、上昇傾向だとわかりますし、下がっていればその逆ですしね。

日経平均株価は日本株の大きな流れぐらいでいいと思います。

TOPIXとは?

TOPIXはTokyo stock price index(東京株価指数)の頭文字を取ったものです。
日経平均との違いは、こちらは東証1部の総時価総額を基に計算しています。

ごり子
ごり子

時価総額は、株価×発行した株の数で出せるよ。

225だけじゃなくて全部です。
1968年1月4日を100として基準に置いています。

全体的な日本企業の価値がどれくらいに評価されているか、数字でわかるのでいいですね。

マザーズ総合指数とJASDAQ平均ってなに?

東証マザーズと、JASDAQは一般的に新興市場といわれています。(結構大きい会社も入っているけど)
成長過程にある企業が多い点が特徴です。

その市場の指数で、マザーズは大きめの会社を重点的に計算していて、JASDAQは日経と同じような感じです。

そんなに気にしなくてもいいかなと思います。

株価のお得感をはかる指標

株価がA社100円とB社1000円であって、業績も一緒であれば、A社の方がお得な気がしますよね。

これが株のややこしいところなんですが、発行した株数や業種、成長性によっては、価値が大きく違ってくるのです。

例えばどちらも100株ずつ発行なら、一株当たりの価値は、A社1円、B社10円なので、業績が同じならば、Aを買った方がいいです。

ごり子
ごり子

業績が一緒だから、Aが上がるかBが下がる可能性があるよね。

だからAの方が安全だよ。(下がる理由が他になければ)

でもこういったものをいろいろ調べるのって大変ですし、何が正しいかわかりませんよね。

このような場合に役立つ指標がいくつかあります。

PER(株価収益率)

株価を、一株当たりの利益で割ったものです。

株価100円で、一株当たりの利益が10円なら、PERは10倍になります。

分母が利益なので、PERは小さければ小さいほどいいということになります。

ごり子
ごり子

ピーイーアールと読みますが

パーって読んでもたぶん大丈夫。

ごり丸
ごり丸

一株当たりの純利益のことを、EPSとも呼んだりするよ。

PERが意味するものは、あと何年で株価総額分を稼げるのかということです。

10倍なら10年で株価総額分は稼げますよということです。

PBR(株価純資産倍率)

こちらは株価を一株当たりの純資産で割ったものです。


こちらも小さいほうがいいです。
1であれば、一応ですが倒産しても、資産を売り払えば時価総額分は取り返せるということになります。

1以下なら、資産が時価総額を超えていることになってお得な状態です。

会社の成長力を見る指標

素人にどの会社が今後成長するかなんて、見抜けませんよね。

ROE(株主資本利益率)

これは出資してもらったお金(株主資本)をどれだけうまく使っているかという指標です。

利益を株主資本で割って100をかけて出します。

大きければ上手くお金を使っているということになります。

10%を超えるといい感じです。

自己資本比率

自己資本を総資産で割ったものです。

返さなくてもいいお金が、全体の何割かわかります。

その会社の健全度がわかるのですが、成長企業であったりすると低くなるので、一概には言えません。

高い方がいいぐらいでいいです。

まとめ

指標は大けがをしない程度に役立つものです。

コメント