おすすめ動画配信サイト7選!

スター・トレック:ピカード第3話「終わりの始まり」感想と解説!

スター・トレックシリーズの最新作「スター・トレック:ピカード」の配信がアマゾン・プライムではじまりました。

第3話は「終わりの始まり」こちらから見れます。

スポンサーリンク

感想(ネタバレなし)

終わりの始まり

序盤でなぜピカードが艦隊を引退したかが描かれます。
素直に思ったのが、「ピカードってもっと策士というか、もっと深く考えのある人だった気が、、、」という感じでした。

引退寸前の時にはすでに老いを感じさせています。
なんというか、こういう人はよくいるというか、ヒーローも老いれば普通の人ということなんでしょうか。
ラフィという元部下の新キャラとのいざこざはこの引退劇にあったわけで、まぁ恨まれても仕方ないという印象です。

下調べせずに見ていましたが、このドラマのテーマは、「老いの美学」になりそうですね。
年齢を重ねることで失ったものと得たもの、これを描いていく感じがします。

今のところ悪いところばかり目立ちますが、これから良いところが出るのでしょうか。
元部下ラフィへの扱いと若い科学者への扱いの差とか見ると、ちょっと笑えますが、結構ひどいですよね(笑)

もう1人の新キャラ、リオスはちょっとありきたりな感じですが、今のところ好きです。
どうせ想像通りの暗い過去があって、それをピカードと一緒に克服するとかになるんでしょうけど、面白ければいいです。

今後の流れは、仲間を集めて冒険するピカードパートと、謎を解明していくソージパートに分かれていきそうです。
ボーグとソージになにか関係があるのでしょうから、こっちは王道展開ではなく、視聴者を出し抜くような展開に期待ですね。

解説(ネタバレあり)

ネタバレあります!

Gerhard JansonによるPixabayからの画像

今回分かったこと

  • 人工生命暴走の原因はシステムの致命的なエラー
  • ラフィは最後までロミュラン人に尽力
  • また、ロミュラン人が火星事件の裏にいることを探っていた
  • ロミュランには命をより優先される秘密があるのでは?
  • リオスはU.S.S.イブン・マージドという船の元副長
  • 暗い過去がある
  • ピカードの世話係の2人はめちゃくちゃ強くて、今のところピカード側のロミュラン人
  • ソージはなぜか様々な情報にアクセスできている
  • ロミュラン神話ではセブ=チェネブという双子の破壊者がおり、片方が死ぬと確定しているそう
  • たぶんダージとソージのこと
  • ジャット・バッシュはこの神話のことで探っている?
  • ジュラティ博士(人工生命の研究者)はなぜかピカードについてくる
  • 理由は今後なにかありそう

惑星連邦

当たり前のようにでてくる惑星連邦ですが、初見では理解できません。
惑星連邦(略して連邦)は地球人を中心に構成された星間国家です。

2161年、地球人の呼びかけで4つの種族がまとまり作られました。
地球、バルカン、アンドリア、テラライトの4種族です。

  • 議会はサンフランシスコ
  • 大統領府はパリ
  • 船の前につくU.S.S.は連邦宇宙艦(United Star Ship)

バルカン人

感情を自制心で抑え込む種族。
テレパシーが使える。
耳がとがっている。
「長寿と繁栄を」と言いながら、2本指ピースをするのが挨拶。

連邦関係の途上人物のほとんどが地球人とこのバルカン人で占められている。

アンドリア人

青い肌、2本の触角がある。
感情的な種族。

テラライト人

猪ぽい種族。

おわりに

王道展開になりそうです。
もうひとひねり欲しいですね。

「ピカード」はprime video 30日間無料トライアルでみれます。

Note
スポンサーリンク
Study Gorilla

コメント