スター・トレック:ピカード第6話「不可能の箱」感想と解説!

この記事は約4分で読めます。

ピカードの最新話「不可能の箱」の配信がアマゾン・プライムで復活しました。
7話と取り違えるなどトラブルもありましたが、現在問題なく見れる環境です。

第6話「スターダスト・シティ・ラグ」はこちらから見れます。

スポンサーリンク

感想(ネタバレなし)

思ったより面白い

あれ、意外と面白い、、、、、(ストーリーはかなりゆるゆるだけど)

物語が一気に進みました。
このままクライマックスに入るでしょう。

でも、この感じはクリフハンガー的に終わりそうですね。(あんまり好きじゃないです)

ごり子
ごり子

クリフハンガーは続きが気になるような展開のまま、結末を見せずに次のシーズンにつなげる手法だよ。
例えば絶体絶命の危機に陥るとか、新事実が発覚するとかだね。

面白かったには面白かったですが、やはり某科学者のシーンはいらないと言いますか、いなくてもまったく問題ありません。
今後何か役に立つのでしょうか。

もはや、ピカード、ラフィ、リオスだけでいいのではと思ってしまいます。

解説(ネタバレあり)

ネタバレあります!

Gerhard JansonによるPixabayからの画像

今回分かったこと

  • ソージは悪夢を見る
  • ソージの悪夢出てくる父親は、マドックスではない(ロミュラン?)
  • ネット?にロキュータス(ボーグの時の名前)時代の写真が普通に載ってる
  • 元ボーグのヒュー率いる再生キューブは意外と人道的な組織だった
  • ボーグは今でも宇宙の嫌われ者
  • ナレクの本名はフライ・ヤン
  • ナレクの目的はシンスの故郷を見つけること?
  • ボーグキューブにはシカリス人から手に入れた空間トラジェクター搭載
  • ピカードはネペンテへワープ

ヒューって誰?

不時着したボーグ偵察船からU.S.S.エンタープライズDに回収された元ボーグ。
サード・オブ・ファイブ (Third of Five) が正式名称。

船での生活により自我が芽生え、温和で思慮深い性格に。

最終的には集合体に戻される。

ボーグ内では異質の存在であり、周りのボーグたちの自我を目覚めさせてしまう。
結果キューブ内での騒動を引き起こし、データの兄の惑星連邦転覆に利用されてしまうが、ヒューとピカードの活躍で阻止した。

おわりに

ストーリーは恐ろしく強引です。

だれも博士を怪しめない。
カミナリと月だけで惑星の位置を特定?
暗殺用の赤い放射能はそこそこ触れても大丈夫。
同じロミュランなのに、刀一本に平然と負ける。
遠くから撃て。
リオスは立派な人ですが、科学者の誘惑に負ける。

次も見ますが、今のところ傑作とは言えないですよね。

「ピカード」はprime video 30日間無料トライアルでみれます。

Note
スポンサーリンク
Study Gorilla

コメント