【公務員試験】独学だけで合格する人はいる?どんな勉強をすればいいの?対策を解説!

この記事は約5分で読めます。
ごり丸
ごり丸

公務員試験て独学でもできるの?

公務員試験対策や資格試験の講座って結構高いです。
叶うなら独学で済ませたいですよね。

今回はこういった疑問に答えます。

独学も予備校もやっていることは一緒です。
しかし環境の違いや、情報量の差、それが合格率に影響してきます。

スポンサーリンク

なぜ独学は厳しい?

独学がダメな理由

そもそも独学がなぜダメだと思うのかを考えてみましょう。

例えば、原付の免許を取るのに講座を受講する人はほとんどいません。
みんな独学です。疑問に思う人は少ないかと思います。

それと何が違うのか?

  • 範囲が広くてやる気がでない
  • 内容が難しくて一人じゃ勉強にならない
  • どんな問題が出るか予想できないから、効率が悪い

おそらくこういったところが違いかと思います。

つまり逆算的に言えば、この難点をなんとかできる人なら独学でも大丈夫だといえます。

どうやって難点を乗り越える?

Vural YavaşによるPixabayからの画像

私も勉強前にいろいろネットで調べましたが

受かる人の条件

  • 勉強が習慣になっている
  • 高校でしっかり基礎を学んでいる
  • 成功体験を積んでいる

↑こんなのばかりでした。(こんな人そうそういません)

無理なことではなく、可能なことで紹介したいと思います。

難点①範囲が広くてやる気が出ない

これだけ範囲が広いと、普通モチベーションは上がりません。
1ページ読んだだけで眠くなります。
そうなると勉強しようともなりません。

そこで私がやったことは、勉強と何か好きな物をセットにすることです。

勉強と好きなものをセットにして後回しを防ぐ

人間は目先の不愉快から逃げたくなる生き物です。
いわゆる後回しです。

「後でやる」のほとんどは、やばくなったらやるに変わります。


解決法は単純で、嫌な物の向こうに楽しめるものを置いておくことです。
面倒なバイトも、給料でなにか買う、するという楽しみがあるから頑張れてしまうのと同じ原理です。

勉強面倒だなではなく、終わったらあとが楽しみだなと思っていれば、続けることができ、効率もどんどん上がっていきます。

ごり子
ごり子

点数が上がるのが楽しくなってきたら、もう止まらないね。

難点②内容が難しくて一人じゃ勉強にならない

法律であったり、経済原論などは本当にややこしい言葉遣いでわかりにくです。
数的処理などは答えを見ても理解できなかったりします。

こういう時は検索してください。
大体見つけられます。


とはいえ時間は無駄にできません。
どうしてもわからない時には、短期的でも予備校に入りましょう。

困ったら疑問のままに検索する

自分が分かりにくいところは、他の人もわかりにくいです。
多くの人が疑問に思うことは必ずネットに答えがあります。

原因は基礎知識が足らないだけ、飛ばせば大丈夫

わからないというのは、別に恐れることではありません。

先進的な研究をしているわけではないのです、たまたま基礎知識が足らなかっただけです。

地頭がとか、言う人がいますが、公務員試験ぐらいじゃそこまで大差つきません。
知識が足らないからわからないのです。
飛ばしましょう。
知識を蓄えてから戻ってきましょう。

難点③どんな問題が出るか予想できないから、効率が悪い

これは正しいです。

実際、私も過去問500をちゃんとやりましたが、似たような問題はほとんど出ませんでした。

模試や講座テキストの方が多少ですが、実際の問題に近い場合があります。
なので、お金を払って模試を受けましょう。
予備校入らなくても受けられます。

ぶっつけ本番はやっぱり怖いです。

メルカリには何でも売っている

メルカリには発送ができるものならなんでも売っています。

いいか悪いかは置いて、活用するのも賢い選択です。

どう勉強するべきか?

目安の勉強時間は1000時間

公務員試験に合格するには、だいたい1000時間ぐらいの勉強量が必要だと言われています。


一日3時間として、月間約90時間。
⇨逆算して1年前ぐらいから始めればちょうどいいです。

ごり丸
ごり丸

1年も前からやらなくても、1日10時間ぐらいいける!
だから3~4か月前からでもいいよね。

ごり子
ごり子

それはあまりおすすめしないよ。
短期集中は効率的だけど、その時になって自分にそこまで余裕があるかわからないでしょ。
やるなら今すぐ10時間を3か月続けてみて!

専門科目の勉強法

市役所から国家総合職まで、専門試験というものがあります。
この試験のメインは「憲法」「民法」「行政法」「ミクロ経済学」「マクロ経済学」の5つです。
これらが完ぺきなら落ちることはまずないでしょう。

ごり子
ごり子

6割が合格ラインといわれているよ。
この5つの科目で6割以上点数がとれる。

教材を読みながら基礎知識を付ける。
過去問をやりつつ、どんな問題が出題されるか予想する。
予想した問題を解くために必要な知識を教材から得る。

これの繰り返しです。

教養試験の勉強法

数的処理⇨そこそこわかる科目(英語は必ずやろう)⇨得意な科目⇨まったくわからない科目

この順に勉強しましょう。
正直、0から1科目やるには時間が足らないかと思います。


配点の多い数的処理からいきましょう。
あと英語も地味にでかいです。

ごり子
ごり子

TOEICや英検を重視するところもあるから、英語はとっても重要!

まとめ

独学は大変なことがたくさんあります。

でも無理なものでもありません。

自分と相談しつつ、独学か予備校か決めましょう。

ごり子
ごり子

読んでくれてありがとう!
勉強頑張って

 

 

コメント