【公務員試験】筆記がSPI試験のみの自治体対策とボーダーを解説!

公務員試験が民間同様、SPI試験だけで受けられるようになって数年が立ちました。

イメージとしては市役所の試験が多いという印象ですが、最近では県庁でもそういったケースが目立ちます。

今回は公務員試験でのSPIについて解説します!

ごリ丸
ごリ丸

ちなみにSPIってなに?

ごり子
ごり子

新卒採用などでよく使われる基礎能力を測るための試験だよ。
その人が企業などにとって最低限の知識や能力を持っているか確認するものだよ。

SPIとは、Synthetic(総合的な) Personality(個性・性格) Inventory(評価)の頭文字をとったものです。

1973年から始まり、2012年からSPI3、つまりバージョン3というように常にアップデートされています。

スポンサーリンク

どんな試験?

SPIとはリクルート社が提供する日本最大の採用試験です。

場合によるけど
能力検査:約70分(言語・非言語)
性格検査:約40分

能力試験は中学や高校レベルの国語英語数学がメインです。

公務員試験勉強している人なら、数的処理と文章理解だけのテストと思っていけば間違いはないです。

ボーダーは?難易度はどれくらい?

気になるのが難易度、つまりボーダーですが、受ける自治体によってまちまちとしか言えません。

ただし、状況などから予想することはできます!
まずは前年試験の合格実績を見てください。

筆記合格者=採用者

ほぼすべての自治体が、1次試験(筆記)→2次試験(面接)というながれをとっています。
そこで前年の実績が、1時合格者と最終合格者の人数がほぼ同じ、つまり低倍率という場合には、筆記重視の自治体と考えていいでしょう。

筆記重視の場合、筆記で上位に残らない限り選考外です。

つまり必要なボーダーは少なく見ても8割~9割

難易度Sです。(場合によっては国家総合ぐらい難しいかも)

面接の倍率が高い!

6割から~6割5分でOKです!

面接の倍率が高い、つまり面接重視の自治体は筆記でそんなにふるい落としません。
そもそも一切勉強してこない人も受けられる試験なので、そういった熱意低めの人を落とすためだけの試験となっています。(たいていはこっち)

民間のSPIの最低ラインがこれくらいなので、たぶん行けるでしょう。(あくまで最低ほんとの最低)

ただSPI試験自体の難易度は低くないとはいえ、SPI試験で6割しかとれないというのは結構厳しいです。

面接で良い印象は得られないと思ったほうがいいです。
あくまで最低、本当に受かりたい人はせめて7割とってやりましょう!

基本的には偏差値で測られる

SPIは得点というよりは偏差値で測定されます。
なので何問正解したから合格というわけではないので注意してください。

SPI試験の勉強方法と対策!

参考書をやりましょう。

ちゃんとした参考書を1回でもやっておけば何となくつかめると思います。
SPIで大切なのは慣れです。

あとは自分の足りないところを補っていけば、人によっては数十時間で完璧に仕上げられます。

おすすめ参考書

総合問題集にだけでみると、そんなに選択肢がありません、、、、

史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集

これやっとけばいい!

とまではいかないものの、まぁなんとかなるのかな?ってぐらいのクオリティです。
迷ったらこれをやってください。

いいところ
■全体を網羅している
■問題数も十分
■本番に寄せた問題集

微妙なところ
■解説が普通
■親切ではない

これが本当のSPI3だ!

一番メジャー?
SPIの入門書的存在です。

いいところ
■解説は丁寧
■全体をカバーしている
■入門書としてはかなりよい

微妙なところ
■簡単すぎる?

本気で内定! SPI&テストセンター1200題

とにかく問題数が豊富!

いいところ
■問題数がすごい
■解説もちゃんとしてる

微妙なところ
■問題数おおすぎ
■厳選してほしい人にとってはマイナス

おわりに

とりあえず問題やって慣れましょう。
知識があってもぶっつけ本番は怖いです。

時間配分など体感で身に着けていきましょう!

コメント