「づらい」と「ずらい」どっちが正しい!?

この記事は約1分で読めます。
ごり丸
ごり丸

「づらい」と「ずらい」どっちが正しいの?


「づらい」と「ずらい」
たまに迷いませんか?

づらいが正しいです。
もうちょっと詳しく解説します。

スポンサーリンク

「づらい」は辛い「ずらい」は意味なし

分かりづらい⇔分かりずらい
やりづらい⇔やりずらい
聞こえづらい⇔聞こえずらい

色々と使い方がありますよね。
基本的に「づらい」が正しいです。

なぜでしょうか?


分解してみると分かりやすいです。

分かり+づらい
➡「分かり」は分かるの連用形+「づらい」辛いという意味の接尾語

辛いには~するのが難しいという、動作をするのが困難であるという意味があります。
動詞の連用形にくっつくことで、「分かる」という動詞を「分かりづらい」という形容詞に変えているのです。

ごり子
ごり子

連用形というのは次の言葉に意味が続く形を言うよ。
分かり+易い
➡分かりやすい


では「ずらい」はどうでしょうか?
実はそもそも「ずらい」なんて言葉ないんです。

音が一緒なため「づらい」と間違って使ってしまってるだけです。
ただ意外と間違えてしまう人が多いので、「ずらい」でも違和感なかったりしますよね。


みなさん、小論文などでは特に気を付けましょう!

コメント