『しがみついても無駄です』漫画の感想と原作情報|裏切られて死んだ侯爵令嬢の復讐物語

2021年10月ピッコマにて連載がスタートした漫画『しがみついても無駄です』についての感想・解説ページです。

■タイトル:『しがみついても無駄です妹』
■ジャンル:復讐、恋愛
■原作:Candysoda(캔디소다)
■作画:Whale(고래)
■韓国語題:『매달려도 소용없어』
■英題:『It’s No Use Hanging On』
■掲載誌:Marucomics
■更新:日曜日
■国:韓国
■おすすめ度:★★★★☆☆☆☆☆☆(4.0)
■命を賭けてまで尽くしたのに、、、、、、
愛した男に裏切られた侯爵令嬢の復讐物語。

スポンサーリンク

あらすじ

愛する人ラカンはついに皇帝となった。 しかし即位式の日、皇后になったのは私ではなく、義理の妹ビエナだった。彼を皇帝にするため全てを捧げた私に残されたのは刻々と近づく死。 彼に捨てられてようやく悟った。私は利用されたんだ。 もしも、もう一度やり直せるならあなただけは愛さない。 そして私は18歳の全てが始まったあの日に戻ってきた。 私の全てを奪ったラカン、今度は私が地獄に送ってあげるわ。 私の意思ではなかった許嫁フェイロン… 「愛なんていらない。私があなたを皇帝にしてあげる」 ラカン、ビエナ、待ってなさい。 あんたなんかこっちからお断りよ。

ピッコマ

>>ピッコマとは?本当に無料?安全?韓国の会社?詳しく調べてみた!

スポンサーリンク

韓国版コミック、原作小説で先読みできる?

韓国版コミック

kakaopageで読めます。

매달려도 소용없어
사랑하는 남자, 라칸을 위해 내 모든 것을 바쳐 그를 황제로 만들었다.그리고 드디어 오늘, 나는 그의 곁에서 황후가 될 것을 기대했건만,황후의 관은 내가 아닌 나의 사촌 여동생, 비에나의 것이 되었다."목숨까지 바쳐가며 희생한 내게 남은 것은 독에 중독되어 죽어가는 몸 뿐이라니.""대체...

英語版コミック

Tappytoonで読めます。

There's No Use Hanging On - Tappytoon Comics & Novels | Official English
Read the official series by Candysoda, Whale. Kaira willingly risked her life to make her beloved Prince Reagan emperor. But when the man she sacrificed it all ...

韓国版原作小説

kakapage(完結済です)で読めます。

매달려도 소용없어
사랑하던 남자, 라칸이 황제가 되었다.마침내 즉위식, 그의 곁에 서서 황후가 될 것을 기대했다.하지만 황후의 관은 내가 아닌 나의 사촌 여동생, 비에나의 것이 되었다.라칸을 황제로 만들기 위해 모든 것을 내던진 내게 남은 것은 시시각각 다가오는 죽음. 그에게 버려지고 나서야 지금까지 그...

>>韓国語初心者におすすめの学習方法!独学参考書・教材、オンラインスクールランキング!

登場人物

カーラ

本作の主人公。
金髪赤瞳。
カイラ・ド・オルシエ。

オルシエ侯爵家の正統継承者であり、第2皇子フェイロンの婚約者。
従妹であるビエナとラカンに騙され、人生を棒に振る。

ビエナ

カーラの従妹。

オルシエ家に養子に入る。
ラカンを上手くそそのかし皇后となる曲者。

ラカン

第5皇子。
カーラを利用して皇帝へとの上がる。

フェイロン

第2皇子。
カーラの婚約者。

なぜか、めちゃくちゃ浮気されているのにカーラにべたぼれ。

侯爵ってどれくらい偉いの?

本作の主人公は侯爵令嬢です。
その権力を使って復讐をしていくわけなのですが、侯爵がどれくらいの地位かってあんまり知られていませんよね。

一般的な序列(主にイギリス貴族)で言うと

  1. 公爵
  2. 侯爵
  3. 伯爵
  4. 男爵

ざっくり見ると侯爵は2番目の地位います。

公爵は基本的には王家の人間、もしくは小さな国の首長がなる地位です。(爵位なんだけど、ちょっと特殊)
今のイギリス女王はエリザベス2世ですが、長男のチャールズさんはウェールズ公爵、その長男のウィリアムさんはケンブリッジ公爵です。
日本で言えば親王に近いかな、、、

そんな感じで、現代では爵位になんの力もありませんが、一応序列的には王家の人間が公爵につきます。
王よりちょっとしたぐらいの地位が公爵というイメージになります。

侯爵は貴族の筆頭株

公爵が王家に連なるロイヤルファミリーであるとするなら、侯爵は貴族のリーダー集団です。

超有力貴族や、とんでもない功績をあげた人間に与えられます。
他にも公爵の子供たちなど王位継承権を持つ可能性のある人間もつく重要なポジションです。
貴族制が政界の人材プールだとすれば、侯爵はそのメインであると言えます。

わかりやすい例でいうと
ナポレオン戦争の英雄アーサー・ウェルズリーがいます。

彼は、とある伯爵家の三男として生まれたにも関わらず最終的にはウェリントン公爵になります。

①フランスとのスペインの覇権をかけた戦いタラベラの戦いで勝利
ウェリントン子爵を与えられる。

②ポルトガル防衛戦でさらに活躍
ウェリントン伯爵にランクアップ

③サラマンカの戦いで大勝利、スペインの首都マドリードに到達
ウェリントン侯爵に!
イギリス軍元帥となる。

④ナポレオン失脚
ついにウェリントン公爵となる、、、

その後ワーテルローの戦いでナポレオンを完全に打ち破る。

ちょっとずれましたが、侯爵というのは非常に高いくらいなわけです。

初見感想

この手の漫画を読むと、いつも思うんですけど、これ復讐に成功したらしたらで、その相手側が転生すればまた復讐劇がやれちゃう気がするんですよ。

1話目でビエラが言ってますけど、カーラは偉そうで、傲慢で、しかも平気で浮気するようなタイプだったわけです。
そんな人に人生ぶち壊されたら、復讐してやるってなるでしょ。
主人公からしたら自業自得かもしれませんけど、ビエラはまだやってもないことのせいで、ひどい目に合うわけです。
なんて理不尽なんだーって思っているのではないでしょうか。


逆に無限にやりあってるなんて設定だったら面白いんですけどね。
転生して復讐して、復讐された相手が転生して復讐して、ってずーとやれますよ。

どこかで連鎖を打ち切るっていう展開があると面白いですよね。
そういうのも読んでみたいものです。

おわり

随時更新します。

無料で読めるサイトがないけど、何が何でも無料で読みたい!そんな時は【U-NEXTの無料体験】。
映画も漫画もドラマなんでもあるUNEXTが1か月無料で試せます。

自由にコメント