『キル・ザ・ヒーロー』漫画の感想と原作情報|あとは勇者が魔王を倒すだけだった、、、

■タイトル:『キル・ザ・ヒーロー』
■ジャンル:ファンタジー、過去転生、アクション
■原作:D-dart
■漫画:Cartoon life
■原題(韓国語):『킬더히어로』
■英題:『Kill the Hero』
■国:韓国
■おすすめ度:★★★★★☆☆☆☆☆(5.0)
■世界を救うべく勇者とともに仲間たちと戦い抜いた主人公。
この扉の向こうに魔王がいる。あとは勇者が奴を倒すだけ。
それだけだったのに、勇者の決断がすべてを変える。

スポンサーリンク

あらすじ

ある日、世界はゲームのように変わってしまった。 世界各地に「ダンジョン」が現れそこから「モンスター」が溢れ、特別な力を持つ「プレイヤー」が登場した。 孤独に生きていたウジンはメシアギルドのマスター・セジュンに出会い、初めて仲間たちと希望を持てるようになった。 しかし、彼の本当の姿は英雄ではなかった… 裏切られ殺されたウジンが目覚めるとそこはそこは自分が「プレイヤー」として覚醒する前の過去だった。 復讐のため「暗黒世界の代理者」の力を得て次々とレベルアップしていくき… 新たなダークヒーローがここに誕生する!

ピッコマ

>>ピッコマとは?本当に無料?安全?韓国の会社?詳しく調べてみた!

スポンサーリンク

韓国版コミック、原作小説で先読みできる?

韓国版コミック

kakao pageで読めます。
1~4話目まで無料。

킬 더 히어로
어느 날, 세상이 게임처럼 변해버렸다.도시 한복판에 '던전'과 '몬스터'가 출몰했고,신들의 권능을 받은 '플레이어'들이 등장했다. 이세준. 세상을 구원할 메시아 길드의 수장."저와 함께 세상을 구합시다. 이 악몽에 종지부를 찍읍시다."영웅의 등장에 온 세상이 열광했고,나는 그의 동료가...

韓国版・原作小説

完結済みです。

kakao pageで読めます。
1~26話目まで無料です。

킬 더 히어로
게임처럼 던전이 등장하고, 몬스터가 출몰하고, 플레이어가 등장한 세상.그 세상에서 오직 나만이 알고 있다."저와 함께 세상을 구합시다. 이 게임에 종지부를 찍읍시다."인류가 구세주로 떠받드는 저 놈의 목적이 세상을 지배하는 것이라는 사실을.놈에게 배신 당하고, 살해 당하고, 과거로 돌아...

RIDIBOOKS

킬 더 히어로 웹툰 프롤로그
게임처럼 던전이 등장하고, 몬스터가 출몰하고, 플레이어가 등장한 세상.그 세상에서 오직 나만이 알고 있다."저와 함께 세상을 구합시다. 이 게임에 종지부를 찍읍시다."인류가 구세주로 떠받드는 저 놈의 목적이 세상을 지배하는 것이라는 사실을.놈에게 배신 당하고, 살해 당하고, 과거로 돌아...

RIDIBOOKSで韓国漫画や小説を購入して読む方法!

>>韓国語初心者におすすめの学習方法!独学参考書・教材、オンラインスクールランキング!

初見感想

悪そうな奴は大体勇者。


人間不信な主人公が、寛大な心を持ち、誰に対しても等しく平等な勇者に触れるにつれて、次第に心を許していく。
そうしているうちに他の仲間たちにも情がわきだし失っていた心を取り戻す。
しかし、勇者は心半ば倒れてしまう。
最後の時、彼は主人公に自分の願いを託します。
魔王を倒してくれと。
俺のすべてをお前に渡すからと。


たぶんこれがRPG的王道の成長物語です笑(たぶん)


なんですが、最近は飽きられてしまったのか勇者は大抵悪です。
本作も、どぎつい悪者で1話目から主人公を毒殺します。
胸を貫いてかつ毒殺。
長い間ともに戦ってきた戦友に対してひどい扱いです。


とはいえ、理由は至極真っ当です。
自分たちの権力、富、名声、すべてが失われるからです。
己を犠牲にしてまで世界を救いたいのかって話です。
まさに正論。

現実でもある話ですよね。

個人の利益が全体の利益より優先される。
人間である以上、どうしようもありません。
全員が合理的に生きていたら社会問題なんて存在しませんよね。


話がそれましたが、そういった経緯があり、主人公は過去に戻り復讐を始めました。

本作が面白いのは、主人公は別に世界をめちゃくちゃ救いたかったわけではないのです。
信じた人に裏切られたことが許せないのです。


世界を救う気のない勇者と、世界を救う力を持つが目的が復讐である主人公。

どちらが勝つのか。

先が気になりますね。
おすすめです。

おわり

随時更新します。

無料で読めるサイトがないけど、何が何でも無料で読みたい!そんな時は【U-NEXTの無料体験】。
映画も漫画もドラマなんでもあるUNEXTが1か月無料で試せます。

自由にコメント