『ペインキラー~Pain Killer~』漫画の感想と原作情報|愛するものを奪われた痛みを感じない戦士が神への復讐を始める!

■タイトル:『ペインキラー~Pain Killer~』
■ジャンル:ファンタジー、アクション、神話
■作者:Jeon hoyun
■原題(韓国語):『페인킬러』
■英題:『Pain Killer』
■おすすめ度:★★★★☆☆☆☆☆☆(4.0)
■愛するものを奪われた不屈の男は、神への反逆を始めた。

目次

あらすじ

“私は真実の神、そして正義の伝道師レットーー!” 今から200年前、戦争が絶えなかった暗黒の時代、そんな毎日に絶望する人間たちに一筋の光、「正義の神・レット」が降臨する。 皆がレットを信仰し、そうして世界は平和な時代に向かっていると誰もが信じていた。 しかし…すべてが偽りの世界だった。裏切られ、すべてを失った俺が進む道はひとつ。 体がボロボロになり、心がズタボロになったとしても、必ず自分の味わった苦痛を返してやると決心するーー。

ピッコマ

>>ピッコマとは?本当に無料?安全?韓国の会社?詳しく調べてみた!

韓国版コミック、原作コミックで先読みできる?

韓国版コミック

kakao pageで読めます。
※kakao pageで読めますが、R指定なのでカカオページアプリをインストール後、年齢認証(SMS利用)してからでないと読めません。

レジンコミックスだと普通に読めました

RIDIBOOKSも読めます。

ridibooksで読む方法

原作小説は見つからず

原作となる小説を探してみましたが見つかりませんでした。
コミックのみの可能性が高いです。

作者のTwitter

Twitterから見れます。

登場人物

テオ・バルグ

本作の主人公
痛みを感じない肉体と相手に痛みを共有する力をもつ。

ベル・ベスタ

テオの婚約者。

レット様

正義の神。
唯一神。
直属の12神将と96の天使がいる。

カーリー

暗黒神。
200年前世界を支配していた。

ファイロー様

天使の一人。
主人公の上司的存在。

韓国での評判

知名度低め?

そんなに有名な作品ではないようです。
独特な世界観が面白いなど高評価なコメントもあるものの、全体的にはレビュー自体少ないので、不評か好評か不明です

作者コメントによると、今後の人気次第でシリーズ拡大もあるようです。

初見感想

ちょっと打ち切りのにおいが、、、

世界観は大好きです。
こういう大風呂敷を広げる作品好きです。

ただ、経験上こういった作品がちゃんと最後まで終わったのを見たことがないです><

結局壮大な物語よりも、主人公が無双したり、恋愛だったりとか、目先の面白さがないと一般層がついてこない。
コアなファンだけになってしまう傾向が見受けられます。

実際原作版はシーズン2まで完結で、シーズン3は今のところ未定?となっているようで、非常に不安です。

どんな形であれいいので長く続いて、あの世界をちゃんと見せてほしいです。

おわり

随時更新します。

>>おすすめ漫画10段階評価ランキング
>>ギガWi-Fi会員特典♪新刊雑誌や漫画が無料で読み放題!【ギガWi-Fi】
>>【2021年版】漫画好き必読!!無料でも使える!抑えておくべき電子書籍ストア!

ごり子

読んでくれてありがとう!

コメント

コメントする

目次
閉じる