『シューデンの公女』漫画の感想と原作情報!

2022年2月ピッコマにて連載がスタートした漫画『シューデンの公女』についての感想・解説ページです。

■タイトル:『シューデンの公女』
■ジャンル:ファンタジー、恋愛
■原作:Flowing HonEy(꿀이흐르는)
■漫画:Hash
■脚色:NONO
■韓国語題:『슈공녀』
■英題『Princess Shuden』
■掲載誌:GT ENT
■更新:木曜日
■国:韓国
■おすすめ度:★★★★★★☆☆☆☆(6.0)

目次

あらすじ

没落貴族の娘として生まれたバーリアは、戦場で父が戦死すると身寄りがなく、父の師匠で騎士団の衛兵だったカールの元で暮らすこととなるが、苦しい生活を送った。前世では、女の身でありながら護衛騎士として働くも、不幸な死を遂げたバーリア。現世ではそんな不幸な人生を変えるべく新しい仕事を探す。街頭の掲示板で見つけた仕事は、ゲル帝国の公女募集だった。バーリアは運よく公女として選ばれ、ゲル帝国の侯爵、シューデン・カルートと結婚することとなる。しかし前世でシューデンは、神の神託を受けた聖女エリーを愛する運命だった。それを知っているバーリアは、シューデンを愛さないように努力するが、紳士的でやさしく、自分を愛してくれるシューデンに心を奪われてしまう。バーリアの運命はどうなるのか?運命を変えることはできるのか!?ハラハラする転生ロマンスファンタジー

ピッコマ

>>ピッコマとは?本当に無料?安全?韓国の会社?詳しく調べてみた!

韓国版コミック、原作小説で先読みできる?

韓国版コミック

kakaopageで読めません。
R15指定なんでアカウント登録必須です><

韓国版原作小説

NAVERで読めます。

ちなみにNAVER韓国NoのIT企業です。
LINEの親会社ですね。(現在はソフトバンクと半々というかめちゃくちゃ複雑な体系だけど)

登場人物

バーリア・ディーン

主人公。
騎士の一人娘。
父が戦士。

カールおじいさん

主人公父の師。
傭兵。
主人公の病気を治すため、過酷な戦地に向かい右腕を失う。

カルート侯爵

戦争の鬼。
イケメン。

広告

騎士について

騎士とは読んで字のごとく、騎馬に乗る人です。
いえ、正確にいうと馬に乗ることのできる人でしょうか。

人類には馬が強大な戦力であった時代があり、特にローマでは一部の限られた人だけが馬に乗って戦っていました。
彼ら平民でありながら、騎馬を管理できるほど莫大な資産を持った一族であり、貴族たちよりも強い力を持ち出します。

彼らは新興貴族と呼ばれます。

その後、ローマがキリスト教化し普及するにあたって、騎士には高潔さが求められるようになります。(厳密にはローマ崩壊後)

これが現代まで残る「knight」ナイトが貴族である所以なのです。

広告

初見感想

久々のあたり転生ものです。

すごくいいです。
これは全話追っていきます。

おわり

随時更新します。

>>おすすめ漫画10段階評価ランキング
>>ギガWi-Fi会員特典♪新刊雑誌や漫画が無料で読み放題!【ギガWi-Fi】
>>【2021年版】漫画好き必読!!無料でも使える!抑えておくべき電子書籍ストア!

ごり子

読んでくれてありがとう!

広告

コメント

コメントする

目次
閉じる