『従者は大魔皇』漫画の感想と原作情報|側近に暗殺されたので転生してみた!次は没落お嬢様の小間使い!?

2021年7月23日より、ピッコマにて連載がスタートした漫画『従者は大魔皇』についての感想・解説ページです。

■タイトル:『従者は大魔皇』
■ジャンル:恋愛、ファンタジー
■作者:YeXiao(夜枭)・HongShu・WUER COMIC
■韓国語題:『마황의 귀환』
■英題:『The Devil Butler』
■中国語題:『魔皇大管家』
■掲載誌:Kuaikan Comics
■国:中国
■おすすめ度:★★★★★☆☆☆☆☆(5.0)
■最強大魔皇だけど側近に暗殺されたので転生してみたら、死にかけの小間使いだった。

目次

あらすじ

古の魔帝が残した「九幽の奥義」を巡り、側近に暗殺された魔皇の卓一凡。一凡の死後、なんとその魂は主君のために命を落とした少年の体に乗り移った!復讐を誓う一凡だが、少年の遺志が主であるお嬢様を守るために一凡を突き動かす…一凡は再び大陸の頂点へと返り咲くことができるのか?

ピッコマ

>>ピッコマとは?本当に無料?安全?韓国の会社?詳しく調べてみた!

韓国版コミック、原作中国語コミックで先読みできる?

中国語版コミック

快看で読めます。

韓国版コミック

1~4話目まで無料。
kakaopageで読めます。

広告

この漫画が合う人

①細かいことは気にしない
②ほかにも中国系web漫画を読んでいる
③ダークヒーロというかヴィランでもOK
④ちょろいヒロインOK
⑤謎世界観についてこれる
⑥主人公が命に躊躇しないのOK

全部当てはまったら、あなたはこの漫画のファンです。

広告

初見感想

中国系のファンタジー的な漫画ってだいたい主人公が暗殺される気がします、、
なんでなんですかね。
あと、すぐ顔を赤らめるヒロインと惨殺もいとわない鬼主人公パターン、なんか最近増えましたよね。


本作の主人公魔皇こと卓一凡(これ発音がわからないズュア?)は究極の奥義を身に着け調子に乗っていました。
各界の大物たちが主人公に奥義を渡せと詰めかけます。

もちろん答えはNo。
俺の方が強いから、従う必要ないよねというわけです。

慢心極めりですね。

そのまま、背後を側近にとられ剣でぐさり。
絶命しかけますが、最後の最後に死にかけの青年に転生することに成功します。

物語はこの転生した場面から進んできます。
青年には忠誠を誓う女性がいました。
没落した名家の長女で、優しい?人でした。

最強最悪の魔皇の心とお嬢様に忠誠を誓う素朴な青年の心。
どうなる?というのが本作の見どころです。

まぁそんな気を張って読むものではないので、なんとなく数ページ読んでみて面白かったら読み進めるのがおすすめです。

ちなみに主人公の奥義?能力みたいなのが結構気に入ってます。
幻想水滸伝Ⅰの坊ちゃんみたいでかっこいいです。(昔流行ったゲームです)
命を奪う的な奴です。

おわり

随時更新します。

>>おすすめ漫画10段階評価ランキング
>>ギガWi-Fi会員特典♪新刊雑誌や漫画が無料で読み放題!【ギガWi-Fi】
>>【2021年版】漫画好き必読!!無料でも使える!抑えておくべき電子書籍ストア!

ごり子

読んでくれてありがとう!

広告

コメント

コメントする

目次
閉じる