『余命わずかの脇役令嬢』漫画の感想と原作情報!

2022年2月ピッコマにて連載がスタートした漫画『余命わずかの脇役令嬢』についての感想・解説ページです。

■タイトル:『余命わずかの脇役令嬢』
■ジャンル:ファンタジー
■原作:JAEUNHYANG(자은향)
■絵:KIMPEUL(킴플)
■文:CHOVA
■韓国語題:『시한부 엑스트라의 시간』
■英題:『The Time of the Terminally Ill Extra』
■掲載誌:Kakao Entertainment Corp.
■更新:水曜日
■国:韓国
■おすすめ度:★★★★★☆☆☆☆☆(5.0)

目次

あらすじ

家門の跡を継ぐ長子でも、家族の愛を独占できる末っ子でもない、中途半端な2番目として、いつも誰かの影で生きてきたカリナ。 絵を描くことが唯一の趣味だった彼女は、自分に残された時間があと少しだということを知り、今まで交流もなかった婚約者に会いに行くことに。 婚約破棄の書類を胸に抱いて… 「ここにいさせてください」 「正気か?」 「その代わり…婚約を破棄して差し上げます」 この時は思いもしなかった。あれほど望んだ無償の愛と関心を彼がくれることになるなんて。 そのせいで、どうでもよかった人生に未練を抱くことになるなんて…

ピッコマ

>>ピッコマとは?本当に無料?安全?韓国の会社?詳しく調べてみた!

韓国版コミック、原作小説で先読みできる?

韓国版コミック

kakaopageで読めます。

韓国語原作小説

完結済みです。
kakaopageかRIDIBOOKSで読めます。

広告

登場人物

カリナ・レオポルド

主人公。
天才的な芸術の才能を持つが、そのせいで寿命は削られていった。

ミリアン・フェステリオ公爵

主人公の婚約者であり公爵家のトップ。

広告

初見感想

これは転生ものではないです。
天才的な芸術家を描いた架空漫画です。

一般的に偉大な芸術家は短命だと言われています。
例えば『ひまわり』で有名なゴッホは37歳、『運命』などで有名なベートーベンは35歳で亡くなっています。
近い時代でいえばZOZOの前沢元社長が100億以上かけて落札した『Untitled』の作者、バスキアさんや、日本の人気歌手だった尾崎豊さん、世界的DJだったAviciiさんらは27歳で亡くなっています。
アメリカの人気ラッパーはLil peepさんなんて21歳です。

こういった人たちのイメージが強く芸術家=短命というイメージが付いたのでしょう。

とはいえ、こういったものは認知バイアスと言って得意な出来事が強く記憶に残り、それと自分が納得できる論理が結びついて起きているだけで、才能が寿命を削るというのただのイメージでしょう。

ルネサンス期のミケランジェロのように、天井の絵をかくために視力を犠牲にした(絵具がたれて目に入るせいと言われている)そういった出来事は才能がなせる結果とも言えます。
普通人間はそこまでかけられませんからね。

そいうわけで本書もイメージの如く芸術の才は命を削ります。
主人公に残された時間は1年。
どう生きるのか。
どう生きてきたのか。
その先にあるものは何か。

非常に先が気になります。

おすすめです。

おわり

随時更新します。

>>おすすめ漫画10段階評価ランキング
>>ギガWi-Fi会員特典♪新刊雑誌や漫画が無料で読み放題!【ギガWi-Fi】
>>【2021年版】漫画好き必読!!無料でも使える!抑えておくべき電子書籍ストア!

ごり子

読んでくれてありがとう!

広告

コメント

コメントする

目次
閉じる