『暴君のたった一人の調香師』漫画の感想と原作情報!

2022年2月ピッコマにて連載がスタートした漫画『暴君のたった一人の調香師』についての感想・解説ページです。

■タイトル:『暴君のたった一人の調香師』
■ジャンル:宮廷ドラマ、恋愛
■原作:fairydragon(요정용)
■作画:Team DEAD SHELL 【COPIN】
■韓国語題:『폭군의 유일한 조향사가 되었습니다』
■英題『The Tyrant’s Only Perfumer』
■掲載誌:COPIN
■更新:土曜日
■国:韓国
■おすすめ度:★★★★★★☆☆☆☆(6.0)

目次

あらすじ

原因不明の難病により五感を失い、気がつくと小説の中の天才調香師であるアリエル・ウィンストンに転生していた。 しかし、アリエルは小説の中で男主人公のセドリックに執着し続けた挙句、処刑される脇役の悪女だった! 今度こそ死ぬまいと、セドリックとの関係を整理し、前世で夢見ていた調香師の仕事を本格的に始める。 だが、あれほどまで無関心だったセドリックがアリエルになぜか興味を見せ始め…

ピッコマ

>>ピッコマとは?本当に無料?安全?韓国の会社?詳しく調べてみた!

韓国版コミック、原作小説で先読みできる?

韓国版コミック

kakaopageで読めます。

英語版コミック

copinで読めます。

韓国版原作小説

kakaopageで読めます。
完結済みです。

RIDIBOOKS

広告

登場人物

アリエル・ウィンストン

主人公。
小説『あなたのそばで安らぎを』のかませ。
天才調香師。
最序盤で絞首刑となる。

主人公が転生したことにより、運命が変わっていく。

セドリック・エバンス

小説の主人公。
魔界の花アニクシアの香りをかがないと暴走する危ないやつ。
ただめちゃくちゃイケメン。

広告

初見感想

意外と面白いです。
ユーモアがあるというか、中身はテンプレもテンプレで飽き飽きする展開なんですが、いい感じにちょっと笑えます。
日本とか韓国のコメディドラマよりな感じがします。

最後まで読んでないので知りませんが、ゆくゆくは本当の自分の病を治すみたいな展開だといいなあと思ってます。
戻るんじゃなくて、別の自分として治すだけみたいな、薬か治療法だけ送って治すとか。

最後に、病を克服した現世の主人公が小説を読む、違う結末を知るみたいな。

おわり

随時更新します。

>>おすすめ漫画10段階評価ランキング
>>ギガWi-Fi会員特典♪新刊雑誌や漫画が無料で読み放題!【ギガWi-Fi】
>>【2021年版】漫画好き必読!!無料でも使える!抑えておくべき電子書籍ストア!

ごり子

読んでくれてありがとう!

広告

コメント

コメントする

目次
閉じる