『北剣伝記』漫画の若干ネタバレ感想|スタイリッシュ剣豪アクション!

■タイトル:『北剣伝記』ほっけんでんき
■ジャンル:アクション、武侠、ファンタジー
■作者:해민(Woogack)
■作画:해민(HAE MIN)
■韓題:『북검전기』
■おすすめ度:★★★★★★★☆☆☆(7.0)
■主人公がかっこいい。純粋に武侠漫画が好きな人にはかなりおすすめしたい!

目次

あらすじ

かつて世の中を混乱に陥らせた集団「密夜」を倒すために、武術の達人たちを集めて作られた「北天門」! その強力な守りの中で密夜は影を潜め、「北天門」は「中原」の平和を代表する集団となった。 しかし次第に「北天門」に対して妬みを持つ者が現れ、四代目門主「秦 虎星」は裏切り者達に囲まれた中、自ら命を絶ってしまう… 皆が去った「北天門」に一人残された虎星の息子、「秦 天翔」。武術に関しては何も知らない幼い少年だったが、人知れず父に伝授された古語によって「北天門」の壁に刻まれた武術を身につけ始める! そんなある日、「秦 天翔」の前に正体不明の一人の娘が現れたのだが..!!

ピッコマ

>>ピッコマとは?本当に無料?安全?韓国の会社?詳しく調べてみた!

韓国版原作コミック

漫画

広告

こんな人におすすめ!

①アクション好き
②武侠世界感嫌いじゃない
③強大な敵展開好き
④大人な主人公好き
⑤リアリティよりもダイナミズム派

全部当てはまったらおすすめです。

広告

世界観

中国を舞台にした歴史スペクタクル風ファンタジー。

裏切りにより父親を失う

主人公「秦 天翔」は大陸北を守る、北の壁こと「秦 虎星」の一人息子。
父「秦 虎星」は尊敬を集める偉大な武術の達人でしたが、身内の裏切りにあい、命を奪われてしまいます。

敵は密夜

本作では密夜(みつや?)と呼ばれる夷狄(いてき)な存在が敵として描かれています。
正直これが何なのか全くわかりませんが(笑)
とりあえず、異民族的な存在なのかなと思います。(武侠系は大体そんな感じ)

超人みたいなやつもいます。

鬼諸葛

主人公天翔の父親を問い詰めるのが、鬼諸葛(おにしょかつ)こと徐禍鳳(じょかほう)さん。
諸葛というのはおそらく諸葛亮的な感じなんでしょう。

武侠系はやたら諸葛というワードが出てきます。
日本で言う鬼島津みたいなものなんですかね。

諸葛亮

孔明という名前で有名。

中国後漢末期から三国時代の蜀漢の武将・政治家。
字が孔明(こうめい)。
天才軍師のイメージが強い

賢い、優秀の代名詞になりがち。

島津義弘

本作とは全く関係なし。

薩摩(鹿児島県)の安土桃山~江戸にかけての戦国武将。
その勇猛さから鬼島津と恐れられた。

雲中天(うんちゅうてん)

雲中天は密夜に対抗するために作られた武人組織です。
この一派が北天門であり、その子孫が天翔です。

雲中天は9人の達人が頂点に立ち、支配しているようです。
徐禍鳳もその一人。
天翔の父が殺されたのは、単なる一派に過ぎない北天門が中央に匹敵する力を持ったせいでした。

力を失った北天門

門主が殺され、全てを奪われた北天門は、遺児である主人公を残してすべてが失われます。
定期的に中原からやってくる監視だけがいる程度の拠点になり下がります。

1人の少女との出会いから物語が動き出す

父が殺され、数年が経った頃、天翔の元に死にかけた少女河雪がなにかから逃げてきます。
このことがきっかけとなり、再び密夜と北天門の戦いが始まるのでした。

主人公がシンプルにかっこいい

武侠漫画とは強いものが弱いものを守る、というところに原点があります。
強さを求めますが、それを私利私欲に使わず、己の信じる大儀にささげる。
これが武侠です。

本作は、その王道武侠を行く物語になっています。

シンプルにかっこいいです。

おわり

随時更新します。

>>おすすめ漫画10段階評価ランキング
>>ギガWi-Fi会員特典♪新刊雑誌や漫画が無料で読み放題!【ギガWi-Fi】
>>【2021年版】漫画好き必読!!無料でも使える!抑えておくべき電子書籍ストア!

ごり子

読んでくれてありがとう!

広告

コメント

コメントする

目次
閉じる