『ある日、私は冷血公爵の娘になった』漫画の若干ネタバレ感想| 魔族の家系に売られた少女の幸せと過酷な運命とは!?

■タイトル:『ある日、私は冷血公爵の娘になった』
■ジャンル:ファンタジー、ライフ、家族、恋愛
■原作:Siya
■作画:Cotton
■原題:『나는 이 집 아이』
■英題:『I Am a Child of This House』
■連載日:月曜
■おすすめ度:★★★★★★☆☆☆☆(6.0)
■娼婦の母親に捨てられるようにして、売られた少女。
彼女が売られた先は、魔族を先祖に持つ強大な侯爵家だった、、、、

スポンサーリンク

あらすじ

娼婦に育てられた少女「ピンクアイ」。2万ゴールドで売られた先は、魔族の家系の公爵家でした。新しく「エステル」と名付けられ新生活が始まり、寡黙なパパやおにーさま、イケメン護衛騎士に囲まれているけども、本当に自分はこの家の娘なのかいつも不安なエステル。自分のピンク色の目にもなにやら秘密があるようで… かわいいエステルのドキドキほのぼの令嬢生活が始まるよ!

ピッコマ

>>ピッコマとは?本当に無料?安全?韓国の会社?詳しく調べてみた!

スポンサーリンク

原作小説、韓国版コミックで先読みできる?

韓国版コミック
kakaopageで読めます。

나는 이 집 아이
전생의 기억이 좀 있다는 것만 빼면 평범한(?) 사생아로서 시간을 보내왔다.그러던 어느 날, 창녀인 어머니가 열한 살이 된 나를 아버지 앞으로 데리고 갔다.“1만 골드를 줘요.”“2만 골드를 주지. 대신 이것에서 손 떼.”차가운 거래에 움츠러들어 있는데 그냥 부자인 줄 알았던 아버지가,...

原作:kakaopage(完結)

나는 이 집 아이
전생의 기억이 좀 있다는 것만 빼면 평범한(?) 사생아로서 시간을 보내왔다.그러던 어느 날, 창부인 어머니가 열한 살이 된 나를 아버지 앞으로 데리고 갔다.“1만 골드를 줘요.”“2만 골드를 주지. 대신 이것에서 손 떼.”차가운 거래에 움츠러들어 있는데 그냥 부자인 줄 알았던 아버지가,...

ridibooks

나는 이 집 아이 1권
전생의 기억이 좀 있다는 것만 빼면 평범한(?) 사생아로서 시간을 보내왔다.그러던 어느 날, 창녀인 어머니가 열한 살이 된 나를 아버지 앞으로 데리고 갔다.“1만 골드를 줘요.”“2만 골드를 주지. 대신 이것에서 손 떼.”차가운 거래에 움츠러들어 있는데 그냥 부자인 줄 알았던 아버지가,...

RIDIBOOKSで韓国漫画や小説を購入して読む方法!

>>韓国語初心者におすすめの学習方法!独学参考書・教材、オンラインスクールランキング!

休載情報

2021年5月1日、120話を持ちまして休載。となっています。

作者インスタによると、復帰時期は夏ごろとのこと。
日本語版がでるのは早くても秋ごろになりそうですね。

クライマックスに向けて着実に進んでいるので待ち遠しいです><

登場人物

エステル/ピンクアイ/ユイ

本作の主人公。
設定過多注意。

ろくでなしの母親に2万ゴールドで、実の父親?らしい公爵であるカスティージョ氏に売られたいたいけな少女であり、
売られた先は魔族を先祖にもつ一族。
前世は現代の女子大学生ユイであったらしく、当時の記憶が残っているという複雑な設定。

名前はなく目がピンクなのでピンクアイと呼ばれていたが、売られた先でエステル(星という意味)と名付けられる。
つまりエステルであり、ピンクアイであり、ユイでもある。

カスティージョ公爵

ピンクアイを買った公爵。
目が赤い。

カルル

カスティージョの長男。
母はすでに死去。
意外と優しい。

アニー

世話役のおばちゃん。
異常に優しい。

ハーデル先生

エステルの家庭教師。

エメル・アストラーダ

公爵家専属の騎士団、ブラックウルフ騎士団の騎士。
17歳の青年。

カスティージョ家

アルカニア帝国の最上位貴族。

親皇帝派であり帝国で唯一の公爵家。
(皇帝>公爵>侯爵>伯爵)
有力貴族が連合して初めて対抗できるほどに強大な力を持つ。

肉体は毒に対する耐性をもちケガをしてもすぐ治ってしまう。
魔族の末裔と呼ばれてもおかしくない力を生れながらに持つ。

一族はみな、瞳が赤系という特徴をもち、子供ができにくい体質。

感想

前世と血統のハイブリットハートフル漫画。


本作は、娼婦の母親に粗雑に育てられ(よく生きてこれたという扱い)、最終的には売られてしまった少女の物語です。
客を取る間、木箱にカギをかけて閉じ込められていたと寂しげに語る少女をみて切ない気持ちになります。

一方で、最終的に育てられないことを悟って、裕福な公爵家に売るあたり、知性もあるうえに愛情すらあったのではと思えてしまうジレンマにも陥ります。

とにかく設定としては、ひどい母親に捨てられ、今度は冷酷な公爵家に売られて、さあどうなるという感じの少女の心温まる成長物語です。(ちょっとタイトル詐欺かも)


本作の面白いところは、主人公の特殊性、つまり前世の(現代人)記憶があるというところが結構重要なわりに、2ページぐらいで説明されている点です。
ものすごくさらっと説明されるだけで、初見で読んでいると、そんな設定いるのか?って思ってしまいます。
さらにのちのち、予想通り血統による特殊性もでてきて、、、、。
設定の上乗せがすごいです(笑)


漫画であろうが、映画であろうが、主人公というものは、何かしら特殊なところがあります。
今までの日本の漫画であれば、実はものすごい人が父or母だったとか、なんかすごい一族の末裔だとか、生まれた際になにか特殊なことがあったとか、血統や誕生に理由を置きがちでした。

それが、最近のweb漫画などを読んでいると、特殊性の理由に前世(現代)や転生(現代から)というのが異常に多いです。
生まれ持ったスーパーパワーというより、現代社会で培われた普通の知識や考え方が魅力になりがちです。

そうなると、本作はまさにハイブリット型。
新旧どっちも取り込んできます。
非常に贅沢な漫画なんです。

設定好きにはたまらないのではないでしょうか。


ちょっとそれてしまいしたが、現代の知識を持った純粋でいたいけな特殊少女が奮闘する、そして周りもその子に愛情を注いでくれる、そんなハイブリッドハートフルストーリーが見たい方にお勧めの漫画です。

おわり

随時更新します。

無料で読めるサイトがないけど、何が何でも無料で読みたい!そんな時は【U-NEXTの無料体験】。
映画も漫画もドラマなんでもあるUNEXTが1か月無料で試せます。

自由にコメント