『皇帝と女騎士』漫画の若干ネタバレ感想| 孤高の女騎士と征服者たる若き王の未来とは!?

■タイトル:『皇帝と女騎士』(こうていとおんなきし)
■ジャンル:中世ヨーロッパ的、アクション、恋愛
■原作:G.M
■漫画:Team IYAK (winter, heyum)
■原題:『황제와 여기사』
■英題:『The Knight and Her Emperor』
■国:韓国
■おすすめ度:★★★★★★★☆☆☆(7.0)
■不遇の人生を送った女騎士の復讐かと思いきや、わりとあっさり恋愛ものでした。

スポンサーリンク

あらすじ

『お父様!お父様!待って…お父様ーー!!』エハスの地方都市を治める貴族「クレンベル卿」と前妻の間に生まれた「ポリアナ」。しかし、継母の間に生まれた異母姉妹「ライアナ」を家の跡継ぎにするため、幼くして父に戦場に送られてしまう。家族が望んだのは、ポリアナの戦死ー。そのため、親への復讐として何があっても生き残るという決意を胸に、男社会の軍の中で女であることに差別を受けながらも、武術と戦術を必死に鍛錬する日々を送っていた。一方そのころ、敵国アクレアでは、父の代わりに大陸を統一する夢を叶えようと志した若く有望な王子「ルクソス」が跡継ぎに推戴されたのであった。そんなポリアナとルクソスの、全く境遇の異なる2人の物語が、今始まる!

ピッコマ

>>ピッコマとは?本当に無料?安全?韓国の会社?詳しく調べてみた!

スポンサーリンク

海外版&原作で先読みできる?

2016年8月16日135話で完結しています。

英語版

The Knight and Her Emperor - Tappytoon Comics | Official English
Read the official series by G.M, Team IYAK (winter, heyum). The talented but overlooked knight Pollyanna comes face to face with an ambitious king who finally a...

韓国版

황제와 여기사
“오늘따라 경이 귀여워 보이는구나.”“폐하, 어디 불편하십니까?”미모와 능력을 갖춘 대륙의 패왕, 남자보다 거친 여기사에게 반하다?!전우애가 연애로 발전하기까지, 진중함과 유머의 황금비로 풀어내는 새로운 스타일의 ‘여기사 로망’!때는 전시, 여기사 폴리아나는 적국 아크레아의 군대에 패배...

※kakaopageのサイトから登録はできますが、アプリは日本からだとダウンロードができません。

小説

황제와 여기사 1권
◆ 작품 소개카카오페이지 28만 독자의 선택!전우애가 연애로 발전하기까지,진중함과 유머의 황금비로 풀어내는 새로운 스타일의 ‘여기사 로망’남자들의 전장에서 처절한 투쟁을 계속해 온 여기사 폴리아나.그녀의 능력을 알아본 룩소스 1세에게 충성을 맹세하나,패도의 막바지에서 군주는 더 이상 그...

RIDIBOOKSで韓国漫画や小説を購入して読む方法!

>>韓国語初心者におすすめの学習方法!独学参考書・教材、オンラインスクールランキング!

世界観

中世ヨーロッパ的世界。
大陸の北方に位置するエハスククーダは長年にわたって、決定打のない消耗戦を続けていた。
そんな中、さらに北に位置するアクレアでは、賢明な若き王が大陸統一を目指し動き出していた。

地名はお菓子

この漫画、名称を様々なものところからとってきています。
ドラゴンボールが野菜ぽいのと同じ感覚で、こちらの地名はお菓子です。

エハス

日本語で言うとウエハースです。
韓国語でいうと웨하스(エハス)。

ククーダ

韓国のお菓子쿠크다스(ククダス)。

登場人物

ポリアナ・ウィンター

名前の由来はRobocar Poliという韓国の人気教育番組から。

エハス国の地方地区クレンベルの貴族のもとに生まれるも、死んだ前妻の子だったため、軍隊に送られる。(妹を後継者にするため戦死を願って)

女性に対して差別的で屈辱的な軍隊生活に6年間耐え、小隊長にまで上り詰めるが、アクレア軍との戦闘中に鹵獲される。
大陸統一を目指す若き王ルクソス1世と出会う。

ルクソス1世

アクレアの若き王。
名前の由来は国際単位系における照度の単位であるlux(ルクス)

大陸全土を統一するという野望の元、軍隊を動かす。
隣国エハスとの戦いの中、ポリアナと出会う。

感想

韓国の漫画ってやたらと復讐的なストーリーが多い気がします。
散々いじめられて、あとから強くなってぼこぼこにする的な展開、異常に多いです。
大金持ちになって見返すとか、相手を廃業に追い込むとか、そんなばっかり。

本作は主人公がかなりあっさり系。
結構ひどいことされているのにもかかわらず、特段復讐とかそういう展開が薄いです。(原作はかなりひどいことされている)

どちらかというと、女であることからの苦難であったり、トラブルであったり、女であるからこその幸運だったりと、ジェンダー的な要素が強い気がします。

本作では、主人公が風当たりの強い世界に果敢に挑む姿が描かれています。
とにかくくじけないし、問題に対しても真摯にぶつかっていきます。

そして対照的なのが、王であるルクソスの女々しさです。
男らしいとか女々しいとかは、生物学的でなく社会学的な押し付けなので、あんまりいい言葉ではないんですが、世間一般的に使われる意味で、女々しいです。

女々しい王と勇ましい女騎士。
この関係がどこに行くのか。
そして女性に勇ましさを求めない社会はどう変わるのか。

先が気になります。

復讐メインに持っていかなかった点で、個人的に期待度かなり高めです。

※ネタバレ注意 後半の展開についての感想

本作はある種コメディチックに、主人公と皇帝との関係が進んでいきます。

で、面白いのが途中で本当に関係をもってしまうというところです。
序盤からは全く想像できない展開です。

さらに、妊娠出産、皇妃として女性の地位を変えていくという社会派な漫画に変わっていきます。
もちろんコメディテイストは変わらずですが、そういった点も踏まえて読むとより面白いです。

おわりに

随時更新します。

自由にコメント