Recommended reference book

【2020年版】これまで読んだ中で最高に面白かったおすすめ漫画10選!

ジャンルや雑誌、電子や紙媒体など全部無視して、単純に私の満足度の高かった漫画10選です!
一般的な評価も無視してます。

スポンサーリンク

1.嘘喰い

嘘喰い』(うそぐい)
作者:迫稔雄
2006年24号から2018年3・4合併号まで『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて連載
コミックスは全49巻。
ジャンル:賭博アクション

ギャンブル漫画なので心理戦・知能戦がメインなんですが、結局最後は皆、暴力に走ります。
頭脳で負けても、力でねじ伏せればいいだろというマッチョな思想の持主ばかり。

ただこれが面白い。
そして、ゲームを取り仕切る倶楽部「賭郎」(かけろう)の立会人たちの個性の強さと、見た目と比例しない圧倒的暴力。

ギャンブルバトル漫画界の金字塔でしょう。

2.ヒナまつり

Amazon.co.jp: ヒナまつりを観る | Prime Video
ヤクザ×サイキック少女のアーバンライフ・コメディー!芦川組を支える若きインテリヤクザ、新田義史は大好きな壺に囲まれ、悠々自適な独身生活を送っていた。ところがある日、謎の物体に入った少女ヒナがやってきたことで生活が一変。念動力が使えるヒナに脅され、同居を余儀なくされてしまったのだ!暴走しがちなヒナは組関係でも学校でもやり...

『ヒナまつり』
作者:大武政夫
エンターブレイン発行の隔月誌『Fellows!』(2009年12月発売)に読みきりとして掲載され、同誌(2010年6月発売)より正式に連載を開始。
2020年7月完結。全19巻。
アニメ化
ジャンル:サイキックコメディ

超能力系のコメディ漫画です。
単純面白いです。
これほど何度読み返しても面白い漫画、なかなかないです。

3.鋼の錬金術師

Amazon.co.jp: 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMISTを観る | Prime Video
「等価交換」の原則のもと、物質を理解、分解、再構築する最先端の科学「錬金術」。「鋼の錬金術師」の名を背負う兄、エドワード・エルリックと巨大な鎧に魂を定着された弟、アルフォンス・エルリックは失ったものを取り戻すため、「賢者の石」を探す旅に出る。そして兄弟は、大きな陰謀の渦中へと突き進んでいく…。(C)荒川弘/鋼の錬金術師...

『鋼の錬金術師』(はがねのれんきんじゅつし)
作者:荒川弘
『月刊少年ガンガン』で、2001年8月号から2010年7月号まで連載
全27巻
ジャンル:ダークファンタジー

ほぼ魔法な錬金術を駆使したアクション漫画。
これほど綺麗に、だれずに完結したファンタジー漫画は他にないのではないでしょうか。
ダークファンタジーの金字塔です。

4. SLAM DUNK

『SLAM DUNK』(スラムダンク)
作者:井上雄彦
『週刊少年ジャンプ』にて、1990年(42号)から1996年(27号)まで連載
全31巻
ジャンル:バスケ

これほど面白いバスケ漫画はもう二度と出ないのではないでしょうか。
それくらい面白いです。
バスケは嫌いだけど、スラムダンクは好きなんて言う私みたいな人もいます。

作者はバガボンドも書いてます。
こっちも面白いです。

5.エリートヤンキー三郎

『エリートヤンキー三郎』(エリートヤンキーさぶろう)
作者:阿部秀司
講談社の漫画雑誌『週刊ヤングマガジン』にて、2000年12号より2005年24号まで連載
全26巻(1部)25巻(2部)
ドラマ化、映画もしてます。
ジャンル:偏った青春コメディ

ヤクザの家庭に生まれたヤンキーのエリート、三郎を中心に描いた青春コメディ。
劇画調からどんどんポップな絵柄に変わります。(内容もすごく変わる)
学生の頃は1番で好きでした。
高校生に一番読んでほしい漫画です!

6.進撃の巨人

『進撃の巨人』(しんげきのきょじん、Attack on Titan)
作者:諫山創
別冊少年マガジンで連載中
映画化、アニメ化
ジャンル:ダーク・ファンタジー

語らずともすでに大人気漫画なので、どんな内容かは知れ渡っているでしょう。
巨人と人間との戦いを描いたファンタジー漫画。
とにかく1巻を読んだ時に衝撃が忘れられません。
ぜひ情報を0にして読んでみてほしい。

7.ミステリと言う勿れ

『ミステリと言う勿れ』
作者:田村由美
月刊フラワーズで連載中
ジャンル:ミステリー

少女漫画界の大御所田村由美さんの最新作。
風変りな青年が事件の謎を解く漫画。

8.らんま1/2

『らんま1/2』(らんまにぶんのいち)
作者:高橋留美子
1987年36号 – 1996年12号まで小学館『週刊少年サンデー』で連載
全38巻
ジャンル:アクションコメディ

ちょっと古いですが、それでも面白い。
水をかぶると女性になってしまう青年が主人公のアクションコメディ。
うる星やつら、犬夜叉、めぞん一刻などやたらヒットの多い作者です。

9.羊のうた

『羊のうた』(ひつじのうた)
作者:冬目景
月刊漫画雑誌『コミックバーガー』1996年1月号から、『コミックバーズ』2002年11月号に連載された。全7巻。
ジャンル:悲劇

他人の血が欲しくなるという病に侵された姉弟の物語。
綺麗な絵と悲劇がよく合っていて、惹きつけられます。

10.ドラゴンボール

『ドラゴンボール』(DRAGON BALL)
作者:鳥山明(BIRD STUDIO)
週刊少年ジャンプにて連載
ジャンル:スペースアクション

誰もが知ってるでしょ。
宇宙人が地球で戦う漫画です。

コメント