『墨香 DARK LADY(ダークレディ)』漫画の若干ネタバレ感想|異世界追放された上に少女に変えられた武人の物語!

■タイトル:『墨香 DARK LADY(ダークレディ)』ぼっこうダークレディ
■ジャンル:ファンタジー、武侠、転生(異世界から異世界)、アクション
■作者:JEON DongZo(전동조)
■漫画:KUKIT
■脚色:LEE JaeHun
■原題:『묵향다크레이디』
■おすすめ度:★★★★★★☆☆☆☆(6.0)
■異世界武侠漫画。おじさんが少女に変身。しり上がりに面白くなる!

スポンサーリンク

あらすじ

千年に一人の達人「脱魔」の域に達した魔教の教主、墨香。 しかし武林の支配を目論む張仁傑の怪しげな術により異なる世界へ飛ばされてしまう。 言葉も文化も分からない世界で、墨香の孤独な戦いが幕を開ける。

ピッコマ

>>ピッコマとは?本当に無料?安全?韓国の会社?詳しく調べてみた!

スポンサーリンク

韓国版(コミック原作)&英語版で先読みできる?

韓国版コミック

kakaopageで読めます。

묵향 다크레이디
마교의 교주로서 극강의 무공을 자랑하던 묵향은 적들(혈교)에 의해 생전 처음 보는 생소한 이세계(판타지 세계)로 떨어지게 된다. 그곳에서 엘프, 마법사, 기사, 드래곤 등 새로운 존재들과 만나며... 무림 최고수 묵향이 원래 자신의 세상(무림)으로 돌아가기 위해 긴 모험을 떠나게 된다는...

英語版コミック

Tappytoonで読めます。

Mookhyang: Dark Lady - Tappytoon Comics | Official English
Read the official series by JEON DongZo, KUKIT, LEE JaeHun. The exceptional martial artist and proud hierarch of the Demonic Sect, Mookhyang, winds up in a stra...

>>韓国語初心者におすすめの学習方法!独学参考書・教材、オンラインスクールランキング!

墨香 DARK LADYとは?

実は漫画版は2部から

本作は、韓国の『墨香』という小説の第二部、DARK LADY編を漫画化(webtoon化)したものです。

墨香の意味は主人公の名前

漫画ではダークと呼ばれていますが、墨香が主人公の名前です。

1部は純粋な武侠小説

1部はどうやら純粋な武侠小説だったようです。
※武俠小説とは、中国の小説のジャンルで、武術に優れ、義を重んじる人を主人公とした小説の総称らしいです。

ざっくり内容を説明すると(読んでないから正確じゃないけど)
剣の腕を買われた主人公墨香(ダーク)は、何かしらの武術?組織に弟子入りします。
そこで10数年の修行の上、力を身につけていくダークですが、そのろくでもない性格が災いし裏切りにあい、記憶を失ってしまいます。

しかし、なんだかんだありモンゴル人との戦争も経て、超越者の境地に至ります。

その後記憶を取り戻し、教祖を強襲しその座を奪いますが、逆に異世界に飛ばされてしまう、、、というような感じです(笑)

⇩以下ちょっとネタバレ。

第2部は力を失った主人公の旅

異世界に飛ばされたダークですが、その強さは規格外。
元の世界に戻るためにやりたい放題にやります。

しかし、またそれが災いし、自分が忌み嫌っていた弱い存在(少女)に姿を変えられてしまいます。

人生をかけて手に入れた力を失ったダークは自暴自棄に。
そんな時、ある魔導士にいわれた『一度通った道ならば、戻るのも容易ではないか』という言葉聞き、再び修行の道へ歩むことになるが、、、

物語は3国の対立と歴史がメイン

物語的にはダークの修行というよりは、それを取り巻く世界、3つの国の対立に焦点が当てられています。

クラレス帝国、コリント帝国、トルビアがメインであり、三国志的なストーリーとなっています。
またタイタンという兵器の開発競争が繰り広げられ、世界大戦時の軍拡競争を彷彿させるような設定となっています。

ちなみに3部で謎の日本編があるらしい

ネタバレになってしまうが、最終的に元の世界に帰ることができます。
しかし、帰った先はなぜか日本。
韓国ではこの日本編不評みたいですw

62話まで読んでの感想

しり上がりに面白いです。

本来の本来の趣旨としては、武道を極めたものがファンタジー世界に行ったらどうなる?
という実験的なものだったようですが、それとは別の面白さもあります。


主人公は異世界人であり、もとの地では最上級の戦士。
もちろん飛ばされた先の世界でも圧倒的な力を誇ります。

そんな存在が突如現れたら?
世界のパワーバランスを崩すほどの強大な武力が、どの勢力にも与せず突如現れたら?

周りは利用するか、排除するかの選択を迫られます。


本作が面白いのは、とにかく政治的なことに主人公が引っ張られていくところです。
主人公の目的はただ元の世界に帰ることだけ。

なのに周りが、あれやこれややりあって、どんどん違う方向に行ってしまう。
しまいには精霊やドラゴンのような人を超える存在たちまで、彼を利用しようと動き出す始末。


で、いきつく先は幼気な少女。
70歳のおじさんが身も心も少女になるんです。

政治と少女とおじさん、このアンバランスさが面白いです。


序盤でリタイアせずに、どんどん読み進めて行ってほしい一作です。
おすすめです。

感想(専門家風)

男は美少女にあこがれるからなりたいとも思う。

男であれば、かわいいと感じる女性と、仲良くしたい、付き合いたい、結婚したいなど思うものではないでしょうか。
近年のアイドル人気をみても、自己と同化させるほどに応援する光景をよく目にします。

有名な精神科医のジークムント・フロイトが発表した心理性的発達理論の一つに、男根期というなんだかセクハラチックな区分があります。
これは子供が成長する過程で体験するであろう事柄を、定型的にまとめたものであり、男根期とは性に対する自覚、自分が男、女であるという意識を持ち出す時期を示しています。

男はいつ男になるのか。
女はいつ女になるのか。

ここで一つ気になるのが、男の自覚はあるが、美少女になりたいという願望もっている場合です。
皆さんはそんな気持ちになったことはありませんか?

人間が生物である以上、異性を求めるのは子孫を残すためという意義を持ちます。
よりよい子孫を残すために、非常に高い社会的価値である美しさを求める願望は容易に理解できます。

しかし、男という自覚がありながら、自分自身が美少女になりたい。
矛盾を感じます。

我が国日本には、美少女が主人公の漫画を恍惚とした表情で読み漁る男たちはたくさんいます。

憧れという言葉は「あくがる」が由来となった言葉です。
あくは場所、がるは離れる、心だけがさまよい出てしまうほどの強い気持ちを表しているという説もあります。

美少女への憧れ。
決して出会えない世界に住む美少女に憧れ、心だけが乗り移ってしまう。
そうして男は美少女となった気になり、決して手に入らない性的な感情を満たしているのではないでしょうか。
強い憧れが、美少女になりたいという願望を生み出しているのです。

つまり、かわいい女が好きという感情はいつか、美少女になりたいという願望にいきつくのです。

おわり

じわじわ面白いです。

おすすめです。

無料で読めるサイトがないけど、何が何でも無料で読みたい!そんな時は【U-NEXTの無料体験】。
映画も漫画もドラマなんでもあるUNEXTが1か月無料で試せます。

自由にコメント