『かりそめの公爵夫人』漫画の若干ネタバレ感想|絶望の果てに選んだ契約結婚がすべてを変える!

■タイトル:『かりそめの公爵夫人』
■ジャンル:ファンタジー、転生、恋愛
■原作:Jin Saeha
■作画:Han Jinseo
■原題:『빈껍데기 공작부인』
■英題:The Duchess With An Empty Soul
■国:韓国
■おすすめ度:★★★★★☆☆☆☆☆(5.0)
■ひどい扱いを受けていた女性が過去に転生。不幸な結婚から逃れるために選んだ契約結婚が人生を変える。似たような漫画が多すぎるのがマイナスポイント。

目次

あらすじ

婚約者の知られざる恋人が実の従兄であるという真実を知った日、わたしは無残な死を迎えた。 死んだはずのわたしだったが、目を覚ますとなんと二十歳の姿に戻っていた。 どういうワケか過去に戻ったわたしは、婚約者の言いなりだった人生から逃れるため、愛のない契約結婚をすることになる。 最初は愛のない形だけの結婚だった…はずなのに。愛に不器用な男女の胸キュンラブストーリー。

ピッコマ

>>ピッコマとは?本当に無料?安全?韓国の会社?詳しく調べてみた!

広告

原作and韓国版コミック

韓国版コミック

原作小説

kakaopage

ridibooks

ridibooksで読む方法

>>韓国語初心者におすすめの学習方法!独学参考書・教材、オンラインスクールランキング!

広告

感想

かりそめ、、、?
かりそめとは、その時かぎりのことやまにあわせというような意味があります。

本作は、婚約者のひどい裏切りにあい、死ぬまで働かせられ、無念の死を遂げた主人公イヴォナが過去にもどり、人生をやり直すというものです。
そのやり直しの一環として、冷酷で女性を寄せ付けないアゼンタイン公爵に近づき、契約結婚を持ちかけるところから物語が進んでいきます。


これはあくまで個人的な感想ですが、まったくかりそめを感じません。
序盤から互いに愛情深すぎて、いい感じのカップルにしか見えないです。

これ死ぬまで仲いいやつでしょ。

お互いに尊敬しあっていて、それ相応の能力も持っていて、互いに優しい心を持っている。
一応契約結婚だから、かりそめなんでしょうか?

それか、これからタイトルの意味を回収するような展開が待っているのでしょうか?

最後まで読んでないの何とも言えませんが、今のところ仲良し夫婦の英雄譚にしか見えません。

むしろ、ひどい婚約者側のガスパルたちのほうがかりそめな気がします。
同性愛者であり、しかもその相手はガスパルを都合よく使っているだけ、名家に生まれながらも才能にも恵まれず、ライバルであり天才的なアゼンタイン公爵に圧倒的な差をつけられる。

ガスパルこそ、かりそめの存在であり、とってもドラマチックな男です。
やったことは最低なので擁護できませんが、この人も結構かわいそうな人です。

かりそめとはなにか?
なんとも先が気になる漫画です。

おわり

似たような漫画多いです。
わたしの幸せな結婚に似てますよね。

著:顎木あくみ(富士見L文庫/KADOKAWA刊), 著:高坂りと, 著:月岡月穂
¥660 (2021/11/20 19:50時点 | Amazon調べ)

>>おすすめ漫画10段階評価ランキング
>>ギガWi-Fi会員特典♪新刊雑誌や漫画が無料で読み放題!【ギガWi-Fi】
>>【2021年版】漫画好き必読!!無料でも使える!抑えておくべき電子書籍ストア!

ごり子

読んでくれてありがとう!

広告

コメント

コメントする

目次
閉じる