『陛下、今度は殺さないでください』漫画の若干ネタバレ感想|濡れ衣で一族全員処刑、過去に戻った少女が悲惨な未来を止めようとするも、、、

■タイトル:『陛下、今度は殺さないでください』
■ジャンル:恋愛、転生、家族
■原作:eclair
■作画:eclairHa yeon
■文:Hye yong
■原題(韓国語):『폐하, 또죽이진 말아주세요』
■英題:『Your Majesty, Please Don’t Kill Me Again』
■国:韓国
■おすすめ度:★★★☆☆☆☆☆☆☆(3.0)
■突然皇帝から向けられた反逆の疑い。反論する間もなく一家全員が処刑に。
最後に残った少女が処刑されると、行きついた先は天国ではなく6年前の朝だった、、、、

スポンサーリンク

あらすじ

目の前で暴君に家族全員を殺されたラリエット。 ついに自分も殺されることになるが、目覚めると平和に暮らしていた12歳の頃に戻っていた! 生きるため家族を守るため、未来の暴君皇帝ルペルトの侍女になることを決意し家を出る。 でもこの時のルペルトは女装をして「皇女」として生きていて…!?

ピッコマ

>>ピッコマとは?本当に無料?安全?韓国の会社?詳しく調べてみた!

スポンサーリンク

韓国版&英語版コミック、原作を読む方法!

韓国版コミック

kakao pageで読めます。

폐하, 또 죽이진 말아주세요
햇볕 강한 여름날의 죽음이었다.열 여덟, 폭군의 손에 아버지와 어머니, 동생, 뒤이어 내 목까지 단두대 위에서 잘려나갔다.그리고 나는 눈을 떴다.열 두살의 생일이었다.열 세살의 어린 황녀(?)가 잔인한 폭군 황제가 되기 전에 나는 어떻게든 저 인간 옆에 붙어 간신이 되어야 했다."저도 ...

英語版コミック

Tappytoonで読めます。

Your Majesty, Please Spare Me This Time - Tappytoon Comics | Official English
Read the official series by Hayeon, eclair, hyeyong. Following the emperor’s unjust massacre of her family and her own miserable death, Laliette Bellua wakes up...

韓国版・原作小説

kakaopage

폐하, 또 죽이진 말아주세요
열여덟, 폭군을 향한 아버지의 간언 때문에 내 목은 가문과 함께 단두대 위에서 잘려나갔다.그리고 다시 눈뜬 열두 살의 생일. 가문을 살리기 위해 나는 폭군의 간신이 되기로 결심했다.그러니 폐하, 우리 좀 친해져봐요. 성심성의껏 잘해드릴 테니 또 죽이진 말아주세요!“저는 진짜 전하 편이라...

NAVER

폐하, 또 죽이진 말아주세요 [단행본]
열여덟. 폭군을 향한 아버지의 간언 때문에 내 목은 가문과 함께 단두대 위에서 잘려나갔다. 그리고 다시 눈뜬 열두 살의 생일. 가문을 살리기 위해 나는 폭군의 간신이 되기로 결심...

>>韓国語初心者におすすめの学習方法!独学参考書・教材、オンラインスクールランキング!

初見感想

ちょっと設定が気になる。

本作はつつましく生活していた伯爵家が、突然皇帝から反逆の疑いをかけられます。
もちろんこれは濡れ衣で、無実なのですが話はそのまま進み一家全員が処刑という悲惨なことに。
しかし、主人公だけは6年前の朝に戻っていたという人生再チャレンジ系の転生漫画です。

これは本筋とは全く関係のない感想なのですが、主人公の表現する「贅沢」が気になりました。
やたら貧しいアピールとか、つつましいとか、我が伯爵家は領民を最優先でという主人公。

生活を見ている感じそんなにつつましいかな、、、と思ってしまいます。
結構贅沢な生活してませんか?

「あなたはその愚かゆえその贅沢の意味を知らないのね」
という主人公。

いやたぶん主人公もわかってないでしょ。
領民と同じ水準で生活しているならわかるのですが、そんな感じしません。
いい服着て、おいしいもの食べて、パーティを開いたり。
私は宝石ももらえなかった、なんて貧しいんだと嘆く。

偉大なローマ帝国の創始者アウグストゥスの食事が、パンひとつにナツメヤシだったなんて記録もあります。
見習ってほしいです。

貴族が貧しいなんて言い出したら、相対的に領民は極貧でしょう。
それともあの領地民は、毎日食べきれないほどの食事にありつけ、宴会三昧、宝石じゃらじゃら、首には金のネックレスでもしているのでしょうか?
それならOKです。


だた、質素な生活をアピールするならもう少し、貴族側の生活水準を下げた描写が欲しかったです。


今のところただの世間知らずの伯爵の娘が、政争に負ける予定の父を助けようと思ってみたら、、、みたいな話にしか見えません。

まぁ、たぶんこの質素な伯爵家設定は、本筋にはそんなに関係ないのでしょう。
でもその設定気になります。

おわり

随時更新します。

自由にコメント