「LCPの問題:4秒超(パソコン)」という不良URLが出たときの対策法を解説!【SEO】

この記事は約3分で読めます。
ごり丸
ごり丸

LCPの問題もでた。
不良が解消されない。


このまえ「ウェブに関する主な指標」の項目の1つLCPで不良が出ていました。
ちなみに全記事です笑


赤いということは全く駄目だということです。
割と簡単に修正できたので解説します!

ごり子
ごり子

解決策は表示速度を上げることだよ。

スポンサーリンク

LCP(Largest Contentful Paint)とは?

Googleが新しく導入した指標の1つ

ウェブページUXの重要指標として「コアウェブバイタル」が導入されました。
その中で特に重要視されるのが「LCP」「FID」「CLS」3つの指標です。


ウェブにおけるユーザー体験の向上を目的したもので、今後のSEOにもかなり影響があるようです。


LCPはそのサイトのメインとなるコンテンツの表示時間だそうです。
要するに表示速度を早くしろというわけだと思います。

 良好改善が必要低速
LPC2.5秒未満4秒以下4秒を超える
FID100ミリ秒未満300ミリ秒以下300ミリ秒を超える
CLS0.1未満0.25以下0.25を超える
Web Vitals
Essential metrics for a healthy site

表示速度を速くするには?

✔画像の等の重くなりがちな要素を削る

✔高速化のプラグインを導入する(cocoonなら設定から高速化に✔を入れる)
不要なプラグインは削除

✔キャッシュや不要なバックアップなどを消す

✔PHPのバージョンを最新へ

画像を軽くする

画像を圧縮しましょう。


https://squoosh.app/

TinyPNG – Compress PNG images while preserving transparency
Make your website faster and save bandwidth. TinyPNG optimizes your PNG images by 50-80% while preserving full transparency!

粗くて良いならどれだけでも落とせます(笑)
ただあんまり粗いと画像いらないってなってしまいますよね。
ほどほどがいいです。

高速化プラグイン導入

cocoonを利用しているのであれば、高速化の設定にチェックをいれるだけでいいと思います。

また不要なプラグインは削除しましょう。

私は使っていませんが、「Autoptimize」などのプラグインが人気なようです。
JavaScript コード、CSSコード、HTMLコードを最適化を行ってくれるみたいです。

キャッシュやバックアップを消す

ワードプレス自体が軽くなると思います。

WP-Optimize – Clean, Compress, Cache」がおすすめです。

バックアップは本当に重くなる気がするので、定期的に消しておいた方が無難です。

PHPを最新へ

古いバージョンのまま使っている可能性もあります。

最新のものを利用しましょう。

終わりに

正直LCPの改善はかなり難しいです。
サイトを相当軽くしないといけないので、テーマを使わない方向に行くしか抜本的な改善策はないかもしれませんね。

ほどほどにやってきましょう。

SEO
スポンサーリンク
Study Gorilla

コメント